日本の免許証更新(期限経過)

海外長期滞在で免許証の期限が過ぎてしまった場合のご参考まで
(対象は、住民票が日本に残ってない場合)

住民票が日本にないので、免許の更新は不可能と思っていました。
有効期限が経過してしまったので、免許証は消滅してもったいないことをしたなぁ~と思っていたのです。

友人から海外長期滞在の場合は帰国してから更新可能と教えてもらい、
フランス在住の方からも、一時帰国で手続きができるはずと教えてもらって、
今回手続きすることにしました。


必要書類:
1、免許証
2、パスポート(最初の出国日付と期限が切れてからの出入国日付の欄)
3、住民票の除票(5年経過していれば、情報が消滅するそうで、その場合は、戸籍の付票)
4、日本在住者(だいたいは家族の誰か)の住民票 ※その住所に免許証を入れることになるので
5、4の人と自分との続柄を確認できる書類。(該当者の戸籍抄本など)
6、写真
7、印鑑
8、手数料(金額は免許の種類と講習の種類により変化)

☆留意点
期限を過ぎてしまった場合、その後一時帰国した時を含め、日本滞在の累計一ヶ月未満に申請する必要があります。
(一時帰国も合算されるそうです。)

期限を過ぎて6ヶ月未満に更新するほうがいいです。
6ヶ月未満の場合は、講習が少なくて済みます。免許も継続にできると思います。
私は1年を過ぎて行ったので、初回講習と同じになってしまい、2時間でした。免許証は新規となってしまい、運転経歴が消滅します。
※別途依頼をすれば、過去の運転経歴証明を入手できます。(700円)

※対応や必要書類は地域によって違うかもしれません。
東京なら該当者が多くて、免許センターの担当者も慣れていると思われます。
[PR]
by lyonnaise | 2008-12-26 23:23 | 日本 | Comments(0)
<< 賀正 ご挨拶 >>