la ville lumière

光の街と呼ばれているリヨン
至るところにイルミネーションが。街中で300箇所ほどライトアップされているそうです。

暗くなってから散歩するのが楽しい街です。
そういう意味ではこれからの冬の時期に楽しめます。 夏はいつまで経っても暗くならない。。
すっかり定着しているのかと思っていましたが、イルミネーションが始まったのは、さほど昔のことではなくて1989年からだそうです。

夜ローヌ河を渡るときの美しさは、たとえ気分が落ち込んでいても、疲れていても、「あぁ~、幸せ~☆」と思わせてくれるものです。(単純?)

 大学(第3と第2)


毎年12月8日をはさんだ週末4日間、Fête des Lumières 光の祭典と呼ばれるイベントがあって、イルミネーションの専門家や現代アート作家などが、街中を意外な光の芸術で飾ります。
[PR]
by lyonnaise | 2008-10-31 22:51 | 日常 | Comments(0)
<< フランス人との挨拶 Montées 階段 >>