manifestation デモ

フランスの風物詩。
なんて言ったらフランス人に怒られるかもしれませんが、でも彼らも認めているようです。(笑)

今週はいろいろなデモが重なっています。
先週末にエールフランスのデモ、昨日の予定が金曜夜からに延期された国鉄、昨日はその代わりに(?)警察。(警官のデモは初めて見たような気がします。)
今日は教師、郵便局など公務員のデモでした。

政府が提案している、定年延長法案に反対するデモです。
法案自体は、延長「できる」ようにするもので、基本的な年齢は60歳のままなのですが、
一般的に「早くリタイヤして人生を楽しみたい」フランス人は心配なんでしょうね。
日本人のように「もっと働きたい」という人は少数派のようです。
もちろん、職人肌の人や、頭脳労働の人は別ですけれど。

今日の教師のデモは、それだけではなく、教師の数を減らす(定年退職者の補充の割合を減らして実質の数を減らす)という政府案に反対しているものです。
これは教育の質を落とすことになるので、(それに就職の機会も減るし)、学生たちも反対して、何度か教師と学生が一緒にデモをしています。


c0186684_7404665.jpg

広い交差点が歩行者天国状態になっています。

予定されたデモなので、ちゃんと交通整理の警官が出て、車は別の道に誘導しています。
対応も慣れたものです。(笑)














c0186684_7411319.jpg

それぞれ手作りの横断幕を持って 










c0186684_7414884.jpg

子どもを連れて参加中のパパ
チャイルドシート(?)の背には、何やら手書きで書かれた紙が貼られています。
子どもも旗を持って参加。(笑)


この定年延長法案は成立するのかどうか興味シンシンです。
[PR]
by lyonnaise | 2008-11-20 18:37 | 日常 | Comments(0)
<< 冬の到来 Beaujolais nouv... >>