Cate bleue 銀行のカード

カルト・ブルーと呼ばれているのは青いから? (他に意味があるのかも)

フランスでは、銀行のキャッシュカードで、スーパーやレストランなどでの支払いができます。
キャッシュカードにはいくつか種類があるようですが、私はクレジット機能なしの一番シンプルなものを選びました。
ATMで現金を引き出すのと、買い物などの際の支払いに使っています。
現金引き出しも、買い物の支払いも、手数料はかかりません。
※カードの種類によっては、他行での引き落としに手数料が1ユーロかかるものもあります。
買い物の支払いもクレジットではないので、数日後に引き落とされます。

フランス人が現金を持ち歩かないのは、スリなどが多いという理由だけではなくて、(それもありますが。笑)、どこにでもATMがあって年中無休で24時間使え、かつ「手数料なし」というのが大きな理由だと思います。

ですので、私も一度に引き出すのは、20ユーロ程度。
財布を開けたら紙幣がない、ということもよくあります。(笑)


あ、それから、フランスでは高額紙幣は嫌われるということもありますね。
日本では、例えばコンビニで100円のボールペンを買うのに1万円札を出してもOKですが、
(お札をくずすために何か買うということもありますよね。)
フランスではそれは「不可能」です。(笑)

大型スーパーなら可能かもしれませんが、一般のお店では恐らく100%断られます。
怒られはしなくても、常識がない人だと思われるのは必須です。

マルシェでも小銭の方が有難がられますし、せいぜい10ユーロ札。
ですので、お金を下ろす時はなるべく10ユーロ札で引き出すことにしています。


カルト・ブルーに戻りますが、
使用期限が近くなると銀行の窓口で新しいのと交換するのですが、すっかり忘れていた私。
スーパーの支払いの時に拒絶されて判明。。

これを機会に試してみたのですが、
自分の銀行であれば、キャッシュカードとして現金を引き出すことができます。
ですので、お金がないという事態は免れます。(笑)
他行ではやはり無理でした。

もしくは、小切手で生活することもできます。
フランスの小切手は、日本の使い方とは全然違って、誰もが持っていて、
カードより手数料が(お店に)かからないようで、小さなお店でカルト・ブルーが使えなくても
小切手はどこでも使用可能です。(3ユーロとか小額でも)

最初は知らなくて、小切手なんて要らないかなぁ~とも思ったのですが、せっかくだから発行してもらいました。
でも、とっても便利。
家賃や公共料金の支払いは、郵送の際は小切手ですし。
相手の名前を書くので一般的に不正使用はされないですし。
(ちなみに、金額をアルファベットで書いたすぐあとには波線を入れて、書き加えられないように
するのが一般的です。)


銀行の支店の選び方:
引越しした時に、担当支店を選ぶ際、建築が美しい本店にしたいなぁと思ったのですが、フランス人何人かに聞いてみると、全員が「近くがいい」ということでした。
ちょっとした手続きのために遠くまで行って並んでいたのでは時間の無駄ということです。
そこで家から一番近い支店にしました。
とっても便利です。おすすめです。
[PR]
by lyonnaise | 2008-11-05 17:01 | フランスでの生活 | Comments(0)
<< 7 ème congrès i... salon des vins ... >>