スミレ

ARTE でメンデルスゾーンのコンサートの模様を映していました。
キャプションを見ると、生誕200年だそう。ライプチヒにて。
フェリクスと名前だったのは知らなかったので、ついでにネットで見てみると、とても多才な人(家族みんな?)だったようですね。

ものすごい記憶力だったそうで、言葉も数ヶ国語を話し、風景画はプロ顔負けだったとか。。
まぁ、非常に裕福な家庭に育ったそうなので、言葉は教養として家庭教師に教え込まれたのかもしれませんが、
それでも、イタリア語をなかなか覚えられない私には、すーごく羨ましい! (え?次元がちがう??)

メンデルスゾーンの曲はあまり知らないのですが、一曲とても好きな曲があって、昔友人宅でLPレコードで聴いた時には涙が出ました。
何歳の時の作曲か見てみると、35歳。
ネットのおすすめCDを聴いてみても全然感動せず。。
あのレコード、誰の演奏か見ておけばよかったなぁ~。


今日は空気が冷たかったです。
マルシェに行ったのはお昼頃なのに、久しぶりに「ピンと張り詰めたような」空気。

野菜を買って、ちらりとお花屋さんを見ると、スミレの花が、短く茎を束ねられてまるでブローチのよう!
2ユーロだったので、思わず買いました。
ら、お花を追加してくれました~☆ いつもありがとうね~!!

c0186684_823718.jpg
スミレは短すぎて写っていません。。

c0186684_831684.jpg
スミレは、フランス語でpensée パンセだと思っていたら、それは三色スミレで、
これはviolette ヴィオレットでした。
綴りは、紫(violet ヴィオレ)の女性形と同じですね。


あ~、可憐で素敵!
[PR]
by lyonnaise | 2009-02-08 23:30 | 日常 | Comments(0)
<< 寒い日は~ イタリア? >>