感覚の違いはいろいろ~

週末もバカンス出発組と帰還組。
土曜のお昼は、786km の渋滞だったそう
夕方には落ち着いた。278km って。。
うーん。。

ちなみに、先週の土曜は、866km を記録したとか。



c0186684_1955465.jpg



日本では、30kmぐらいを超えるとひどい渋滞のようにアナウンスされて、
渋滞緩和の策がいろいろ取られる、と思うのですが、(以下略)


フランス人、渋滞とわかっていても同じ日に出発して、
TVインタビューを見ていても、
渋滞もそれなりに楽しんでいるようです。
バカンスに出る儀式~☆ みたいな感じ??


まぁ、休みが2、3週間ある人なら、一日ぐらいつぶれても
対応策さえ準備していたらカリカリせずに済むのかも?


待つことに慣れてるから??








c0186684_19562465.jpg


感覚の違いと言えば、政治家のクリーンさの意識。
日仏ではかなり違いますね~。

まずは、政治家のプライベート(男女関係)はフランスでは問われない。
女性問題(不倫とか)があろうと、「彼の仕事の資質には関係ない」が通じる。

日本だと、女性問題であっけなく失脚。(アメリカでもおそらく)

資金関係も。
(大統領の選挙公約で、費用の透明性をうたっていたので)
大統領府に会計監査院の監査が入った後、
プライベート費用を大統領が返金したという件もありましたが、

大統領に近い人(政治コンサルタント)の事務所が行い、
フィガロ(右派系新聞)で発表していたアンケート費用を
大統領府が払っていたということもわかり、
これには世論操作の議論が巻き起こっていました
この人の事務所に大統領府は年間かなりの額を払ったとか。

でも、バカンス直前の情報だったので、うやむや。

しかも、その数日後、大統領、ジョギング中に倒れて病院へ。
「国民のみなさん、ボクは大丈夫。きっと、バカンスを取るようにってことですね。」

その結果、支持率が上がり、51%復活だそうです!

日本の政治家、羨ましいだろうね~
の、クリックお願いします~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2009-08-10 12:20 | 世の中のニュース | Comments(0)
<< この夏はお家バカンス?? みりん なっとう とまと >>