絹工房 Soierie Saint-Georges

リヨンの絹シリーズ最終編
(シリーズだったの? さぁ~。)
旧市街にある手織りの絹工房です。


c0186684_15337100.jpg






手織りの人が少なくなっている昨今
リヨンで9人と言われる手織りを続けている一人


18世紀の織機を使ってビロードを織っているところ

イタリアで16世紀から使われていた方式








c0186684_15335057.jpg







小さな工房ですが、昔の写真や端切れ見本などが
たくさん貼られていて、興味深いです。


手前はショップになっていて、奥に工房があります。








c0186684_1535128.jpg






糸を準備されているところ




機械は調子が悪くなると自分で直すそうです。

こういうこともできないと手織りを続けるのは無理だそうで、
そうなると後継者も...ねぇ。。







Soierie Saint-Georges
11 rue Mourguet (5e)
火~土
10-12h, 14-19h


シルクのスカーフ欲しいなぁ~
の、クリックお願いします~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2009-09-19 08:10 | 美術・文化 | Comments(2)
Commented by 新奨 at 2009-09-19 19:40 x
すごいですね。
リヨンにはこんな工房があるんですね。
一度しか行ったことなくて、ここで紹介されているのを見ると、もっと出張しておけば良かったかなと思います。(仕事だろうって?)
Commented by lyonnaise at 2009-09-20 16:46
新奨さん
もう欧州ご出張はなくなったんですよね。
ドイツ駐在中にもっといらしておくべきでしたね。
おいしいブションもたくさんあるのに~(だから出張だって)
<< 文化遺産の日 Journées... クリームシチュー >>