文化遺産の日 Journées européennes du Patrimoine

1984年に始まった9月第3週末の文化遺産の日。
当初はフランスで「歴史的建造物の門戸を開く日」として日曜に始まったのが、
1992年に「文化遺産の日」となり、週末2日間に、
2000年から「ヨーロッパ文化遺産の日」となりました。


10時から始まるガイドつき見学(しかもちょっと郊外)に
行く予定だったのに、朝二度寝した上に、ブログ更新。(ダラダラ)

あれ?と思ったときには、もう出発すべき時間でした。
飲まず食わずで出かける。。(涙)

終わったらカフェ.....などはない場所でした。。

寒いかと思って長袖にジャケット着て行ったら
終わった12時頃には夏が戻ったような天気で、
暑くて~ゼイゼイ。
戻ったらソファに直行。

シエスタ~~

目覚めてようやくお昼を食べて、
午後の回り方を検討。

メトロ一日券を買っていたので、移動はラクです。

でも、教会や礼拝堂を3箇所回って終わりでした。。
あれ~~

どうもやっぱり身体の調子がよくないのかなぁ~。
睡眠不足?
食べる量が減って体力落ちてる?
豚、もとい、H1N1インフルエンザ潜伏期間?
ただの老化現象?(涙)


c0186684_16252022.jpg





旧市街にあるカフェ


これは昨日ではなくて、平日に撮った写真です。
昨日は人出が多かったので、こんなガラガラではなかったことでしょう。






c0186684_16255457.jpg





夏らしいタイルのテーブル

バカンス気分も味わえますね~








c0186684_16263466.jpg





歴史的建造物の指定を受けている建物で、
夏の間は中庭にテーブルが出ます。


サン・ジャン大聖堂からちょっと北に行ったパティスリー
信号がある小さな道を渡る前の右手です。


名前、また見るの忘れました。。



昨夜はTVでも文化遺産関連番組が多くて、
「文化遺産の夜」とか「ヴィッラ・メディシス(元メディチ家の別荘で、
現在はフランス文化省の持ち物:毎年選ばれたアーティストが滞在・制作する場」とか
「大使の財宝(ローマのフランス大使館)」とか
目を奪われるような映像が多くてため息の連続でした。



食事時間を早めたら早寝ができるかな?
というテスト中だったのに、早寝が~~

それは仕方ないよね。
の、クリックお願いします~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2009-09-20 08:52 | 美術・文化 | Comments(0)
<< ガダーニュ・ミュゼのカフェ 絹工房 Soierie Sai... >>