またやっちゃった。。


c0186684_217837.jpg


amazon.fr のマーケットプライスから、
「あなたが買ったお店を評価しましょ~」メールが届いていて、
あれ? そういえば、プリンターのカラーインク。
届いてないよ。評価欄に書いてやるぅ~!と勇んで
ふと気がついた。

郵便局に取りに行かなくてはならないのでは??


行って来ました、郵便局。
facture (請求書兼領収書みたいなの)をプリントして。

同時に、先週友人(仏)が送ってくれたという小包も届かないからそれも。


※ポストの写真を見ていて思い出したのですが、
日本にいるとき、箱を送るときは中に入らないので
ポストの上に置いたりしていました。(笑)
もちろん、万が一なくなってもいい両親宛のものだけ。
全部届きました。

こんなことができるのは日本だけですよね~☆
(私だけ?)


小包は結局、どっちもなかった。。

インクは差出人に戻ってしまったのだろうと。。 やっぱり。。
小包は不明。 番号を聞くように、と。 ふーん。

前は通知を出してくれてましたよね~?
と聞いてみたのだけど、
「いまでも可能ですけど。1ユーロ追加で。」
(???)

帰り道よく考えてみたら、私は単語を間違えた。
avis de réception と言ってしまって、これは前からある、通知サービス(有料)
発送人が、受取人の手にちゃんと届いたことを確認するためのもの。

あ~ぁ、単なる通知票ってなんて言うのかしらん。ただの、avis ?

それより、帰ろうとした時、
「今日届いたよ!」と別のムッシューが窓口へ。
どうやらさきほど一緒に探してくれていたらしい。

別の友人(仏)からでした。(笑)

ふむ。
c0186684_2173897.jpg


届いた郵便物の中に、

この、新型インフルの予防接種連絡。

これって、予防接種の場所は閉鎖になって、
一般医がすることになったのでは?
ネットニュースで見たような気がするんだけどなぁ。

ま、私は受けないから。

でもこれが届いたということは、私の健康保険は機能している!


こういうことで知るのね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


リヨン、さっぶいです。 さすがマイナス気温。
ロングコート、ロングブーツ様様!

部屋もさぶいです。
大きなストールをひざ掛けにしています。

2005年以来かな?
[PR]
by lyonnaise | 2010-02-10 18:04 | フランスでの生活 | Comments(10)
Commented by Gabrielle at 2010-02-11 02:52 x
クロノポスト系サービスでない限り、郵便配達人は、大きなものは配達しないらしいですよ。(うち担当の郵便配達人に確認したことあり、)
「マダム、わたしゃ、自転車ですから。」そりゃそうだ。

なので、「ブツ」は持ってこずに、普通はavis de passageを入れて、「郵便局に取りに来い」という手続きになるはずです。

かつて、アメリカに注文した本(ダンナの専門書だから高いのです)が、郵便受けの口から入らないのを理由にか、棚に放置されたことが数度あり、郵便局に行ったついでに、文句を言ったら、どうも責任者だったらしく、
「マダム、よろしければ、この書面でクレームしてくれませんか?」と、紙を持ってきました。
その結果か、郵便配達人、変わっちゃいました......
度重なるのであれば、本式にクレームを出してみるのもいいかもしれません。
Commented by cocopuff1212 at 2010-02-11 05:15
えと、うちも、十一月末にアメリカから送られた小包がまだ届かないんですけど。差出人のところにも戻ってない。
そして、一月入ってすぐ日本から送られた小包も、これまた届いてないんですけど。
どこに行ったんでしょ。今頃地球の周りをぐるぐる周っているのでしょうか?
Commented by 新奨 at 2010-02-11 16:48 x
第三者として、このように外国で届いた、届かないの話しには興味を持ってしまいます。ごめんなさいー。
けど、いいですよねー、郵便局に行ってきちんと話せるのですから。
自分もドイツで郵便局とかクーリエ会社のオフィスへ行ってもの探しをしたことがありますが、独語が出来ず、必死に英語で話したことは今でもはっきりと覚えています。
ところで、アマゾンで注文したプリンターは結局どのくらいで届いたのですか?
Commented by lyonnaise at 2010-02-11 20:39
Gabrielleさん
ありがとうございます~☆ そう、これこれ! avis de passage! 今度これで聞いてみなくっちゃ~

書面でクレームという手がありますね。
棚に放置はひどいなぁ。日本ならまだしも、フランスは盗難の危険性が多いですからねぇ。
私も今度聞いてみて、もしavis de passageを廃止してないのにずっと届いてないなら、正式にクレームレター書いてみようっと。
Commented by lyonnaise at 2010-02-11 20:46
cocopuffさん
ここにも小包被害者が。(笑)
これは、アメリカからのは(帰りの)船に乗ってますねぇ。
日本からの、戻ってるかなぁ。。念のため聞いてみられたほうがいいですよ。(もしまだなら、ですが)
私は1月8日発送(日本からのSAL便)が、1月20日に郵便局に届いていました。(通知がなかったので、偶然発見)
身分証明書(carte de séjour)だけ持って、何月何日頃に日本から送った箱(袋)と言って、探してもらうのです。(郵便局は、到着日付と名字をマジックで書き込んで管理している)
保管期間15日をすぎると送り返されるので。。
ちなみに、帰りは船便なので一度両親宅に戻ったときは、発送からちょうど3ヶ月かかりました。
Commented by lyonnaise at 2010-02-11 20:51
新奨さん
あはは。滞在経験者だから許します~。(じゃなきゃ、許さないの?)
アマゾンのプリンター、驚くほど早かったんですよ!
ブログによると(便利。笑)金曜の夕方発注入力をして、ピックアップが翌週金曜日。郵便局に着いていたのは、なんと火曜日!
(ま、通知は来なかったんですけどね。)
慣れちゃうと、荷物がなくても「わかったわ。ありがと~、ムッシュー。」と郵便局を後にする自分がいて、帰りながら「なんか違う??」と自問自答。
Commented by gabrielleraphael at 2010-02-12 00:53
郵便に関する困った話って尽きませんよね。
EMSで送って、フランス側引き継いだクロノポストが、何故か隣の人に渡して、そのままネコババされちゃったっていう話も聞いたことありますよー。
ちなみに、EMSで送っとくと、日本側でクレームした場合、万が一、遅れて到着しても、郵便局はEMS料金返金してくれます。
Commented by lyonnaise at 2010-02-12 22:03
gabrielleさん
隣の人がネコババ?! なななななんと!
へぇ~、EMSは返金サービスがあるのですか。いいですね~。(日本側。笑)
Commented by cocopuff1212 at 2010-02-15 19:56
行ってみました、だめもとで。結果、だめだった(爆)。
でもちょっと「?」という経験だったので、近々ブログに書きます!
La Posteに対するフラストレーション爆発の昨今です…。相手が相手だし(笑)腹立てたら損なだけなので、負けちゃだめ、負けちゃ!とは思うんですが…(涙)。
Commented by lyonnaise at 2010-02-15 20:54
cocopuffさん
だめでしたか。。
でも、ダメもとって必須アイテムですよね。ときどきOKになることがあるから~

あ、そういえば、私もあったわ。郵便局ブログネタ!(笑)
<< 街でみかけた風景 自家製すーぷっ! >>