王様のガレット



1月6日はエピファニー
なのに手帳には書かれてないなぁと思ってネット検索したら、
フランスとベルギーでは1月6日が休日ではない為、
ノエルの後の2週間後の日曜日にお祝いする。とあって、
手帳にも8日にEpiphanie と書かれている。

そーだったんだ!

c0186684_721782.jpg



今日だと思って買ってきたよ。

ま、何回食べてもいいんだけど。
1月末ぐらいまで作られてるし。(笑)

今回は、レ・アールに出店しているJocteur にしてみた。
本店はイル・バルブにある。




c0186684_7213212.jpg





サクサクで中のフランジパンヌもあっさりでおいしい。



初回にフェーヴが出てくるという記録更新。




c0186684_7215556.jpg




セミ

なぜに、セミ?

もう1個に期待しよう。(ごめんよ、蝉)





c0186684_7222380.jpg





レ・アールは混んでいた。
レストランは賑やか。
特に生牡蠣のお店は。

ルソーは室内レストランも一杯で、カウンターもこのとおり。


生牡蠣早く食べたいなぁ。






スーツケースがすんなり届いてびっくり。
しかも、事前連絡があって(!)
その指定時間2時間の間に届いた(!!)

この調子ならフランスでも宅急便事業できるかもね。(無理)

c0186684_722499.jpg






え?重いの?
確かに24kg
(エールフランス/KLMは23kg 制限だけど、24kg でも何も言われなかった~☆)

でもビジネスクラスの人なんて、30kg までOKなんでしょう?
私のより重いのは普通にあるよね。

布のペラペラの生地のスーツケースだからかな。


軽いと思ってあなどるなよ。


という意味かな?
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-01-06 23:07 | 季節イベント | Comments(4)
Commented by hatsumina at 2012-01-07 08:50 x
せみ・・・・・・・。
日本で買うと、当たり(?)無しなのよー。
間違って食べたりしたら危険だからかしら?遊び心のない国民性よね。
「せみ」でも羨ましい現在日本在住日本人より。
Commented by lizzie at 2012-01-07 14:39 x
リヨンに戻られたのですね。
日本からおいしそうな物をたくさん見せていただいて
ごちそうさまでした。

このお菓子はガレット・デ・ロワという名前でいいのかな。
つやつやしててとてもおいしそうですね。
一度焼いてみたいのですが、私は本物を食べた事がないので。。。

フェーヴにはどんなものでもありなんですね。
Commented by lyonnaise at 2012-01-07 22:32
hatsuminaさん
蝉でも羨ましいですか。
日本ではフェーヴがあまり手に入らない、もしくは高すぎるのでは? 
きっと輸入ですよね。フェーヴ1個入れたらガレットの値段を300円上げないといけない、など。
フランスでは国民的行事だから、業務用は大量に安く売ってると思います。
Commented by lyonnaise at 2012-01-07 22:36
lizzieさん
和食は目の毒だけど、見たくなりますよね~。

えぇ、これはガレット・デ・ロワです。
年中食べるおいしさではないのですが(笑)この時期に見るとどうしても食べたくなります。
ブリオッシュの上にすごい色のフルーツが乗ってるのは、ガトー・デ・ロワと呼ばれているようです。
フェーヴは本当になんでもありですね。ときどき三博士の人形があったりもするのですが。。
<< そういうこともある 身体だけ先に >>