癒し効果と刺激



3月は去る。
確かに!

日本では年度末の慌ただしさもあってさらにすごいでしょうね。

フランスでは企業会計年度は1~12月
学校は9~8月(6月 あとはバカンス)
と、3月で区切りということはないのですが、
それでも「3月は駆け抜けた」感があります。


なぜでしょうね。


一つは、自分の気分に余裕がなかったからかもしれません。

人生は毎日の積み重ねなのだから
丁寧に、慌ただしくとも気分はゆったり、と思うのですけれども。


c0186684_5273285.jpg

これは、咳をしすぎて(?)、左わき腹が痛かった頃に買ったもの。


薬屋さんの中のビオ部門で買いました。
マッサージオイル。

結局筋肉痛を和らげるものだったようですが、治りました。
延べ5回ぐらい塗ったかな。 ← この忘れっぽさもよくないわね。


c0186684_528273.jpg

あとはお花ですよね~~

いろいろな色のラナンキュラスがあるなかで
選んだのは白に淡い色が数本入った束でした。

桜の季節だからかな~と後で気づきました。



今日の感動。本田宗一郎氏の私の履歴書



子どもの頃から凡人とは全く違うけれど、
それでも刺激になるね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-04-02 23:25 | 日常 | Comments(8)
Commented by 桃子 at 2012-04-03 18:06 x
ラナンキュラス・・・
ねむりぐまさんのブログでこの花の名前を覚えました。
淡い色たちが寄り添いあって、とってもきれいです!
私も花を飾って、少し心を和ませなくっちゃあ~~!(^^v
Commented by まるち at 2012-04-04 04:20 x
桜の季節というよりは・・・花粉!くしゅん!!
なんだか体もダルい~放射能?
悩ましい日本の春です。
お花、きれいですね。
Commented by sirius at 2012-04-04 06:31 x
こんにちは!
なぜ三月が終わると区切りっぽいのでしょうね。ていうか、4月が始まりっぽいというか、この時期が始まりっぽい。
春だから?でしょうか?
咳が出るからと咳止めを使わないあたりに、フランスっぽさを感じます。
日本はすぐ咳止めです。全然効かないけど……
Commented by あき at 2012-04-04 06:55 x
花粉?リヨネーズさんは大丈夫ですか?私はベルクールの食べられない栗の木?の花粉アレルギーでした。
Commented by lyonnaise at 2012-04-05 07:28
桃子さん
も、なごみが必要ですか~。
こういう淡い色が欲しくなるこのごろですね。
Commented by lyonnaise at 2012-04-05 07:29
まるちさん
花粉に放射線。。 笑えないところが寂。。
でも、体ダルいです。春のせいかしら~
お花はいいですね。気分が変わりますね。
Commented by lyonnaise at 2012-04-05 07:31
siriusさん
やっぱり我々日本人は、桜を見ると入学式を想い出す、みたいな感じでしょうか。
咳止めシロップは飲みましたよ~。錠剤は飲まなかったですけれど。
オイルでアロマを感じたかったのかもしれません。
Commented by lyonnaise at 2012-04-05 07:33
あきさん
花粉はまだ大丈夫です。
食べられない栗の木、ベルクール広場にたくさんありましたよね。
かなり伐採されましたよ。ただいま広場改造計画進行中。
<< 公園でのシエスタ 4月 Pâtisserie P... >>