花の命は



もう終わりに近い桜


c0186684_6474881.jpg

ここにもあったということを忘れていました。
満開のときにこのカフェでゆっくりすればよかったなぁ~



c0186684_6481833.jpg

街にたくさんある植物の植え替え作業を目撃したとき。

かなりシステマチックにしていることに感心しました。古いのを釣り上げて中身を出す。


c0186684_6483886.jpg

新しい土がやってくるのを掻き出す。
これなら重労働じゃないですね!



悩ましい人にとっては悩ましい季節、花粉。


c0186684_6485842.jpg

フランスでは、アレルギーひとくくりにしているようですね。
5つの主要原因のうち、ダニ、イネ科の花粉、猫の毛、食べ物、カバ科の花粉。

そのアレルギー全般には3割が関わりがあるそうで、この30年で2倍になったとか。
数年前に、花粉症はフランス人口の1割とTVで言っていたような記憶があります。

この下の黄色い箱が利く薬のようです。
よく見ると、サノフィの広告。

同じような黄色い箱でフランスの国民的薬ともいえる(おおげさ。でもみんな知ってる) Doliphrane という頭痛薬だか風邪薬があるのですが、サノフィのだったのですね。(たぶん)


花は美しくとも花粉は嫌われるね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


公益法人に認可された福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-04-13 23:36 | 日常 | Comments(0)
<< 春のかご ミモザのコンサート >>