映画のシーン



普段は住宅や保険オフィスや工事中の建物

そんなところに突如現れた

c0186684_6572924.jpg

靴の修理屋さん

c0186684_6572817.jpg

金物屋さん

c0186684_6583139.jpg

お肉屋さん


c0186684_6583461.jpg

日向ぼっこにしては皆さんなんかちょっと違う感じ?

c0186684_6591870.jpg

レトロですよね~


c0186684_6594679.jpg

撮影でした!
手前の女性は、遠くの助監督(?)の声を知らせる役。「静かに」 「撮影」 「休憩」など。

c0186684_701779.jpg

脇の道には器材を乗せる(とみられる)車がずらーっ


こうやって撮影するんですね。
c0186684_704628.jpg

最初のお店の写真はすべて、建物の前に50センチぐらいの簡易な枠の貼り付けです。
えぇ、ここは金物屋さんじゃなくて、保険屋さんです。


ぱっと見じゃわからない
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-08-10 23:51 | 美術・文化 | Comments(2)
Commented by あき at 2012-08-11 08:06 x
リヨンを撮影現場にした映画がありました、リヨン時代に見ました。

「暗くなるまでこの恋を」も少しですが、リヨンのホテルと毛皮屋さんが映っていました。

アダムとイブが桃を?成程(笑)。 美味しすぎて禁断の果実?

入場料カンパ制。被災地の子供達が、舞台を頑張ることで、自らの手で地元に元気と笑顔を届ける。

8月11日(土)15時「プチムージカル」武蔵大学大講堂、行ってきます。
Commented by lyonnaise at 2012-08-12 03:02
あきさん
リヨンが撮影現場となった映画、まだ観たことがありません。
代表的なモニュメントであれば懐かしく感じるでしょうね。

被災地の子供たちが出演して、それでカンパを募って復興の一助に。素敵ですね。
毎月11日が来ると想いますね。
<< 仏 VS 日 もも~ >>