レストラン La Table 101



今日は胃が痛くならなかったです。
空腹になる前に食べ物を口にしているからか、薬が効いているのか。
いずれにしても、有難い~


以前、Vaise にあったお気に入りのお店
Le Verre et l'Assiette が、閉店(というか他の人に譲って)はや 一年?もっと?
満を持して(?)オープンしたお店に行ってきました。
レ・アールのすぐ近くです。

11月に「お手製フォラグラのご案内~」というメールが来て、(これは最初にメールで予約をしてから毎年届くのですが)、
そこに、なんと、新しいお店の名前が!
え~、連絡なかったじゃーん。。

しばらく行けないと思っていたのですが、友人と話していたら
「栄養付けに行こっ!」という話になり(☆)
そうだわ。栄養つけないと、治るものも治らないわっ!ということで。


c0186684_775424.jpg

ナプキンのデザインがキュート

お昼のコース(menu)は、以前と同じような設定で、
2皿(前菜とメインかメインとデザート)+グラスワイン 19ユーロ
3皿 24ユーロでした。

食べられるか不安だったけど、栄養づけに、3皿

c0186684_792310.jpg

アミューズとして、温かいきのこのスープに鴨のマグレの細かいの
おいし~ 温まる~

c0186684_795448.jpg

前菜は、アンドゥイユの海老のカクテルのようなもの。 あ~、メニューコピーするの、忘れました。
白い輪切りとピューレは、根セロリ

c0186684_7102029.jpg

アップ!
アンドゥイユはドキドキだったのですが、組み合わせのおかげか、あっさりしておいしかったです。

c0186684_7105051.jpg

栄養づけに牛肉を選んだら、ナイフの必要がないほどほろっと崩れるお肉でした!

c0186684_7112682.jpg

友人は、お魚
この下には、大根と海苔でできた一品が。 ソースはベットラーヴ(赤カブ)

c0186684_7115178.jpg

パフェ?
いえ。riz au lait
お米を甘く煮たもので、私は普段は食べる気になれないのですが、
おいしいという感想もよく聞くし、このお店ならと思って頼んでみました。

一番下のオレンジの部分がそうです。かんきつ類の皮などたくさん入っていてお米の感じがせずおいしかったです。


La Table 101
101 rue Moncey (3e) 
04 78 60 90 23
土日休


店内の写真を撮るのを忘れましたが、今度は結構広く、
ビジネスマンっぽい人達のテーブルもちらほら。8人のグループもいました。
一人で来ている人も数名。
前のお店より平均年齢高めかな? 場所柄でしょうか。

写真見ていたら、また行きたくなりました。


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。


応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2013-01-19 23:04 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by あき at 2013-01-20 09:13 x
riz au lait この味、想像がつきます。
足がリュウマチの御婆さんの買い物をしてあげた時,よく御馳走になりました。
リヨンのレストランも、お詳しいようですね。
Commented by まるち at 2013-01-20 10:02 x
緩衝材とはいえ恥かしい。
もうすこし考えたものにすべきでした(笑)
純正とはいえ、かの国のこと、、、、果たして合うのかしらという心配が
ありましたが、よかったです。
貧血、お大事に。
Commented by lyonnaise at 2013-01-23 08:37
あきさん
お手製をよく召し上がっていたのですね。
レストラン、私は外食頻度が低いので、あまり知らないのですが、
行くならおいしいところへ、という気持ちは強いです~
Commented by lyonnaise at 2013-01-23 08:40
まるちさん
くまとしてはうれしい緩衝材でしたよ。あけた瞬間になごんだし。
いや~、ぴったり!
いまだに蓋を取るときに鍋つかみに手が伸びる自分がなんとも言えません。(笑)
貧血、ようやく鉄分を摂取し始めました。これで元気になるかな~
<< お医者さん体験記 その2 紙の免許証の終焉? >>