旅立ち



c0186684_13181.jpg

パリ シャルル・ド・ゴール空港

そういえば、日本語を習っているフランス人学生達に、
日本のカタカナ言葉はおかしい。という指摘を受けている時に、
「なぜシャルルドゴールなのか。」と。
(発音が全然違うから。)
まぁ、そう言われてもねぇ~。「カタカナは発音だけで表している。」という説明には合ってないけどねぇ。(笑)


先週父を見送りました。
今回とは想像外でしたが、もともと発見が遅かったようで、
最期は、「早く楽になって欲しい!」と思ったので、
そのせいか、精神的には落ち着いています。

さらに、お坊さんが、西洋の「お星さまになる、遠い天国にいる」とは違って、
日本の死後観は、「草葉の陰から」というように、身近に捉えている。
いつもそうやって思い出したり話したりしているから身近に感じられる。
というようなことを話されて、納得したのも大きいかもしれません。
※家族葬の準備は、睡眠不足で全く使い物にならない私を横において、兄が全部してくれました。
頼りになるわ~~


そこで、昨日今日はおこもりで仕事していました。
リヨンで片づけて帰る予定だったものです。
納品して、ひと息です。時差に感謝です。
レイアウトは褒めてもらいました。そりゃ~そうです。最初は日本語版はWORDベタ打ちで良いと言われたけれど、
Power Point で似たようにしましょうかね。と提案して、本物そっくり(色は本物より若干美しいかも。笑)
に仕上げたので。

元のデータは私がソフトを持ってない種類だったんですよね。。
PPTなら日本語打ち込むだけでよかったのに。
ま、気晴らしになってよかったです。


一日中眠ってみたい。


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。


応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2013-02-26 00:44 | 日本 | Comments(2)
Commented by あき at 2013-02-26 07:20 x
私も13年前に父を亡くし(3回目の脳梗塞)ました。

牛窓のヨットの友人は当時、リヨンにいましたが、お父様が亡くなった(癌、帰国しませんでした。

習志野在住の友人も当時、リヨンにいましたが、お母様が亡くなった(輸血の間違い)時、帰国しませんでした。

皆、それぞれ、家庭の事情がありますから?

お父様のご冥福を祈って、合掌。 あき
Commented by lyonnaise at 2013-02-27 00:35
あきさん
みな、いろいろ事情がありますよね。
最期に意思疎通ができたのは不幸中の幸いでしたが、元気な時にもう少し長く一緒にいたらと思ってしまいます。
ありがとうございます。
<< AF機内食 メモ 帰省 >>