カフェ一杯に小切手



フランス、カード社会です。
カルトブルーと呼ばれる、日本で言うキャッシュカードで支払ができるので
(クレジットカードじゃないので手数料なし)だいたいカード払い。
郵送したり小さなお店ではシェックと呼ばれる小切手。
(日本の小切手のイメージとは全く違い、手軽に使えるし手数料なし)

でもマルシェやカフェやブロッカントでは小銭を準備。


日本ではお財布に1万円札が一枚は入っていないと不安に感じたものですが、
フランスでは10ユーロ札1枚あればOK

ATMは銀行の外にあって24時間使用可なので、必要ならいつでもおろせるし。


先日カフェを頼んでしばらくぼーっとし、
持ってきてくれたので、払おうとしてお財布出したら、
小銭はなし。(サンチーム硬貨ばかりでユーロが無)
紙幣を出そうと思ったら、無い!

(え?。。)

私「えーと、すみません。カードでの支払は...」

ムッシュー「できません。」

私「そうですよね。近くに銀行は.....ないしね。」

c0186684_6124388.jpg

よりによって、テットドール公園のど真ん中のカフェでしたー。

と、ムッシュー、
「シェックかレストランチケットなら可能ですけど。」

助かりました~~~


街の中なら「銀行でおろして来るね。」と言えるけど、
c0186684_6132238.jpg

銀行まで30分ぐらいかかりそうなカフェでしたよ。


小銭を確かめてからカフェを注文しよう!


気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2013-06-10 23:17 | 日常 | Comments(2)
Commented by あき at 2013-06-11 08:26 x
リヨンの地下鉄乗りました。雰囲気はパリの地下鉄と同じ、でも乗客が親切みたい?
一時間以内なら、切符一枚かえば、地下鉄、バス乗り放題知りませんでした。
Commented by lyonnaise at 2013-06-12 05:59
あきさん
地下鉄は当時はなかったのでしょうか。そういえば結構新しいですものね。
そうなんです。あ、お伝えしておけばよかったですね。すみません。
一時間以内乗り換え自由。以前は往復はダメだったのですが、それもOKになりました。
<< 魚料理 chez Moss 晴天の日曜日なのに >>