光の祭典2013 見どころはテロー広場



昨日書こうと思って写真を撮ってきたのですが、
その後、やること終わらず。。
遅くなったからブログを書かずに寝ようとベッドに入ったまではよかったものの、興奮状態だったのか、眠れず。。
疲れていても眠れないことってあるんですね~。


さて、今年の見どころは、なんといっても、テロー広場。
「光の王子様」というタイトルですが、サン・テグジュペリの作品を素材にしたもの。
このアーティストDaniel Fontaine氏は、昨年大人気のサン・ジャン大聖堂のご担当。
他にもオルレアンでのジャンヌ・ダルク生誕600周年の光と映像のアートを担当なさったとか。

c0186684_916541.jpg

星の王子様 登場~

c0186684_9171945.jpg

光の王子様が失っていた光を~

c0186684_9174074.jpg

バラをみつけましたよ~


c0186684_9181676.jpg

途中、スキーウェアを着て真剣にみつめていた、特等席の彼女

c0186684_919227.jpg

観終わったら、市庁舎の階段を上がって、中庭の「ロスト・パラダイス」を観て帰ります。

テロー広場からの本当の出口はソーヌ側で、一応一方通行です。
でも、これを見る人は、逆行できます。(勝手にしてるだけ)

ちなみに、テロー広場(Place des Terreaux)へは、エドワー・エリオ通り(Edouard Herriot)から。
共和国通り(Republique)を突き進んでいると、
c0186684_9203641.jpg

テロー広場へはこっちだよ。という風船がありますので、そこを左に曲がって、次を右に曲がります。

ハデな電飾は嫌いなフランスというのはわかるのですが、こんなひそやかなのは、気が付く人しか気づかない。
しかも土地勘ない観光客の人が多いんだから、もうちょっと人員整理したらいいのになぁ。
パンフレットもフランス語のみなんて、遅れてますよね。せめて英語はつけるべき。

観光に力を入れてるリヨンとは言えないですねぇ。。


c0186684_923150.jpg

市庁舎アネックス。左奥の人だかりは、市庁舎(Hotel de Ville)のメトロ入口。並んでますね~。

地元民はほとんどメトロ使いません。
非常に混んで待ち時間が長いし、満員だし、よっぽど離れたところへ行く場合以外は徒歩で回ります。

今日のご案内では、1万歩ぐらいですね。
ちょっと歩きすぎたかしらん。


さて、明日はコンフリュアンス。
東芝ブース?で日本茶サービスです。(by 日本人会)


気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-12-09 01:08 | 季節イベント | Comments(6)
Commented by あき at 2013-12-09 13:20 x
季節ごとのイベントごと、大好きです。
イルミネーションわくわくしますよね。

今年の見処はテロー広場、星の王子様、バラの花、薔薇の花は愛情を維持する象徴?水を上げて世話をしないと、枯れてしまう、星の王子様では、そんなようなお話でした?
Commented by lyonnaise at 2013-12-10 10:00
あきさん
その季節だけのイベントっていいですよね。毎年楽しみに待てますしね。
星の王子様、よく覚えていらっしゃいますね。私は今回の映像を機にネットサーチしました。(笑)
Commented by naka at 2013-12-11 00:32 x
年々、趣向が凝って見事になって行きますね。
裁判所も工事が終わりきれいですね。
10月に仕事で2日間だけ訪問しました。
懐かしくて、宿泊先のホテルから、歩いて以前住んでいたアパルトマンまで行ってしまいました。
Commented by あき at 2013-12-11 06:32 x
よく覚えている?殆ど忘れました。(笑)
「星の王子様」は仏文科の夏休み、半過去を習得するため、一冊を暗記しました。
Commented by lyonnaise at 2013-12-13 22:30
nakaさん
おぉ!リヨンご出張があったのですか!
2日間なら会社の方とだけで時間が終わりそうですが、もうちょっと長くいらっしゃれる時はお声掛けくださいね!

光の祭典、どんどん華やかになりますよね。
裁判所、そうなんです、美しく生まれ変わりました。フルヴィエールもですし、数年かけた工事がどんどん終わっています。
Commented by lyonnaise at 2013-12-13 22:30
あきさん
暗記されていたのですか!すごい。
結構難しいですよね、イメージと違って子供向けじゃないですものね実は。
<< 早くも月曜 光の祭典 2013 >>