気仙沼より着


今回の帰省は出発前に余裕がなくて、なにも考えずに飛行機に乗った感じ。
戻ってからは、とりあえず急ぎの(というか、一年後ではちょっと。。という)手続きメインでやってきたので、気分が落ち着くまでしばらくかかりました。
去年や前回のように体調不良ではなかったのは助かりました。


で、気仙沼ミサンガ。
これまで、リヨンで販売する在庫が減ってきたら、日本に帰省する友人たちに依頼して運び屋(?)をしてもらっていました。

今回は自分で持って帰ることができる!
と、気づいて依頼したのが先週末。(汗)
中の台紙をフランス語版にしてセットして下さるのです。

届きましたー!

c0186684_037512.jpg

送り状も、「笑顔咲くたび伊達の旅」 ヤマトさん、いいですね~
ストラップが幅広になって明るい色合いになっているような印象。

次にリヨンで紹介できるのは、日本人会の新年会かしら?

いつも元気を下さる気仙沼の方々です。


追記:
ミサンガの事務局長の方からお電話いただいてお話していたら、
年末年始もずーっと、仮設でおひとりの方々のケアをされるから休みなしだそうです。
確かにお正月を一人で仮設住宅で迎えるというのは気が滅入るでしょうね。
震災が起こってからずっと。
でも事務局の皆さんも被災されているのです。。
本当に頭が下がります。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-12-29 00:12 | 日本 | Comments(2)
Commented by あき at 2013-12-30 10:58 x
今年から、私の市の土木協会の仲間達も、2 社が仙台、と石巻に行って、交代で復興作業を頑張っています。
Commented by lyonnaise at 2013-12-31 00:51
あきさん
復興作業を頑張ってらっしゃる方々も多いのですね。
少しでも何かできることをと思います。
<< フランス1月1日から 仕事納めが納まらず >>