ミュゼ・デ・コンフリュアンス



今日は雪が降りましたよ!
しかも、午後!
予報ではマイナス1度からプラス1度。
明日の予報はマイナス3度からプラス3度。
どっちがいいか?
(そういう問題?)

朝の外出はvélo'v だったのですが、
同僚にドン引きされました。。
あれ?私的には何も問題ないんですけど。
着込んでるし、、、
ユニクロのヒートテックに、
タイツは日本で仕入れてきた分厚いもの。

なぜフランスより寒くない日本で
こんなスペシャルグッズがあるんでしょうね!



さて、コンフリュアンス地区、ローヌ沿いにできた
斬新な建物、
Musée des Confluences
自然社会博物館です。

リヨンアンバサダーのアペロ会場が
普段はカフェやバーなのですが、
今月はこの博物館だったので、
先日行ってきました。
同じく久しぶりという友人と。


人数制限があったので、30分ほど早めに行ってみたら、
c0186684_6101729.jpg

珍しくフランス人が並ぶ光景。

c0186684_6103484.jpg

中で、飲み物をゲットするために(ゆるく)並ぶ光景。

あとは展示会場ですが、
特に今は、パリのギメ美術館との共催の企画展がラッキー。

c0186684_6105621.jpg

c0186684_6111039.jpg

c0186684_611296.jpg


気づいたら、日本のものばかり撮っていました。

c0186684_6114295.jpg

例外のマンモス
どこに焦点が合ってるんでしょう。

じっくり見たら一日かかるぐらいの広さです。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2015-02-05 21:55 | 美術・文化 | Comments(2)
Commented by naka at 2015-02-08 22:49 x
私が住んでる頃から、ここは工事中でした。
(でも土地を慣らしているだけで、建物の工事はなし。)

ただ、この2年くらい、出張のたびに完成に近づいて行きましたね。(現地事務所がSaint-Genis-Lavalにあるので、毎朝通勤で見れるのです。)
今にも空に飛んでいきそうな建物です。
Commented by lyonnaise at 2015-02-09 02:24
nakaさん
そんなに前から工事中でしたか。
あの横を通って通勤されるのですね。じゃぁ、できて感激ひとしおかも?
空に飛んで行きそう?確かに。コンセプトは雲とクリスタルですしね~。
メンテナンスの心配しちゃいます。(笑)
<< タイ料理 再び 人気の和食 Chez TOMO >>