花粉症はプラタナス?



なんだか疲れ気味。


リヨンにはマロニエの大木があちこちにあって、
c0186684_4412151.jpg

今の時期はちょうどお花が咲いています。

c0186684_4413654.jpg

白とピンク


プラタナスの大木もローヌ沿いや
大きな道添いにたくさん植わっています。

これが、花粉症の原因なんですよ~。


フランスでは少ないのかと思っていたら、
先日のネット記事によると、
大人の30%、子供の20%が花粉症とか。

10年ほど前は10人に一人と聞き、
数年前は5人に一人と聞いたので、
増えているようです。


アレルギーの原因として、大気汚染とタバコの煙もあるとか。

現代病と言われていますよね。
私が小さいころには無かった。(田舎だったから?)
今年は花粉が多いようで、プラタナスの下を通ると鼻がムズムズすることもあります。

でもフランスでは誰もマスクしないんですよね。



人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-05-12 21:30 | 日常 | Comments(2)
Commented by あき at 2015-05-13 07:45 x
花粉症はプラタナスです。小生も薬局で、薬を買って飲んだ覚えがあります。
日本でも花粉症に悩まされていましたが、還暦をすぎてから治まりました。それだけ身体の機能が衰えた???喜んでいいのか?
Commented by lyonnaise at 2015-05-14 06:24
あきさん
やはりプラタナスの花粉は強いのですね。
花粉症、治ったなんてすごいじゃないですか!
還暦になってから花粉症になった人も知ってますよ。
<< なぜ今? フランスでおうどん~ >>