カルトブルーのコードを忘れたら



猛暑日3日間続いたら、酷暑と呼ぶのかしら?
今日は39度!

そんな中、お客様を駅にお迎えに行ったら、
駅が閉鎖されてましたよー。
不審物騒ぎで。

もう、バカンス大量出発の日に
なんてこと!

結局2時間ぐらい遅れ。
これだからフランスの印象悪くなっちゃうのよー。

ふてくされて戻って晩酌中。(笑)


今夜はオペラ座のバレエ公演が
テロー広場で無料で見られるのだけれど、
それまで起きていられるかしら?

リヨンオペラ座公演 4日21時半より
リヨン以外の12か所でも観られます。


さてさて、先日のチョンボ。
フランスの銀行カード、通称カルトブルーは
日本のデビットカードみたいなもの。
お店では直接払えるし、
ATMでは手数料なしで現金引き出し可能。
フランスのATMは銀行の外にあるので24時間使用可
と、とっても便利。
だから現金は持ち歩かない。


先週TCL(公共交通)のチケットを買う時、
3回コードエラーで使えなくなってしまった。

家には控えがない!

もう10年以上使ってるコードだものね。
覚えてるよねー。

でも、忘れたのー。


銀行に行って、解除の依頼。

身分証明書を見せたら
解除器で手続きしてくれて、
「はい。ここでコード入れて」

c0186684_121489.jpg

イメージ画像
※展示会で隣のブースのきれいな女性を隠し撮り

c0186684_122495.jpg

立てば芍薬



現実は、、、

「えーと。。」(汗)
「4つの番号は覚えてるんですけどね~、順番がね~。」
と言いながら入れてみたら、
見事にエラー。


番号を郵送すると宣言されてしまいましたー。
3日ぐらいかかるって。

それからカードのない生活をして
(ピン札を何枚か自宅に置いていた)
(必要なら小切手で現金引き出すことも可)
一週間後にようやく使えるようになりましたー。


カード社会のフランスでは、
現金での生活って本当に不便なんです。
TCLの券売機だって、紙幣は使えないしね。
大きなお札で少額買おうとすると断られるしね。


それでよくやっていけるね。
の、クリック~
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-07-04 18:15 | フランスでの生活 | Comments(4)
Commented by あき at 2015-07-05 07:40 x
便利なのは「カルトブルー」ですね?来年持って行きます。

イメージ画像の女性、リヨネーズさんかと思いました。
Commented by mika-atori at 2015-07-05 20:03
忘れますよね~パスワードとかコードとか。
やっぱり何かに意味づけできる数字でないと
忘れてもしょうがないと思います
指紋とか静脈とかでコードの代わりにして欲しいところですね
Commented by lyonnaise at 2015-07-06 01:28
あきさん
ったら、また面白いことを。
Commented by lyonnaise at 2015-07-06 01:29
Siriusさん
ですよね~。自分で決めたコードじゃないと無理ですよねぇ。
今度は語呂合わせで覚えました。ビバ日本語!
<< リヨンの蚤の市 猛暑には冷やし中華 >>