その後のリヨンの街は


今朝は大使館やリヨンの領事館から
緊急情報メールが何通も届きました。


フランスでは明日から3日間、国喪です。
3日も続くのは第5共和政になって初めてとか。
月曜の正午に黙祷。
リヨンではこの期間美術館閉館、イベントも中止です。


部屋でネットニュースを見ていると気分が滅入りそうだったので
散歩に出かけたら、

c0186684_6493477.jpg

県庁の上に、はためく国旗はなく、
入口の左右のプレートのところに
真ん中を黒い布で留めた旗。


でも、リヨンの街は普段通り賑わっていました。
買い物袋をたくさん下げた人達が談笑しながら歩いている。
なんかヘンな感じ。


リヨンでは今夜、犠牲者やその家族を想い、
光の祭典の時にするように
窓にろうそくを並べるそうです。
[PR]
by lyonnaise | 2015-11-14 22:31 | フランスでの生活 | Comments(4)
Commented by あき at 2015-11-15 10:12 x
テロを憎みます。衝撃を受けました。

フランス大好き人間、長年親しんできました。情緒的感情に流されていますが、これは実感です。
Commented by naka at 2015-11-15 19:50 x
本日帰国しました。
今週出張で渡仏し、金曜はリヨンのホテルにおりました。
フランス1も2も一晩中、この事件を報道していました。
恐ろしいことです。

でも土曜の朝は、空港では何事もなかったように落ち着いていました。

Commented by lyonnaise at 2015-11-15 21:27
あきさん
テロはいつも理解しがたいところがありますが、
今回の一般市民の殺戮の仕方は本当に、、、衝撃です。
Commented by lyonnaise at 2015-11-15 21:30
nakaさん
なんとご出張だったのですね!
リヨンからルフトハンザでしょうか。(だったらいいですが)
空港は警備も強化されていますし今回狙われていないので逆に落ち着いていたのですね。
<< 気分を上げるには 緊急事態宣言 >>