リヨンの光の祭典は



イベントとしては中止となりました。
本来の意味での(1852年に聖母マリアにお礼のお祈りをした)光の日となります。
そしてパリのテロで犠牲になった方々へ哀悼の意味を込めて窓辺に白いろうそくを並べます。

ろうそくは11月30日からこども達に配られ、一般には販売され、
得たお金は支援アソシエーションを通して犠牲者の家族に支払われるようです。


街のイルミネーションは、通常どおり翌日、つまり12月9日からです。

c0186684_774231.jpg

このように普段ライトアップされている建物は通常どおりです。

c0186684_78962.jpg

数日前だけど、子供を連れているお父さん、半袖だった!




人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-11-19 23:01 | 季節イベント | Comments(4)
Commented at 2015-11-20 08:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あき at 2015-11-20 16:57 x
今日も、パリのテロ。専門家、ジャーナリスト、日本独特の議論をしています。BBCのニュース番組が良かったです。

気分を変えて甘いお話し、貴方のまつ毛に、貴方の髪に、匂うような甘いそよ風。
Commented by lyonnaise at 2015-11-21 06:34
鍵コメさん
ありがとうございます。ご心配おかけして恐縮です!
実はこちらでは、日本ほどはみな心配していないようで、(というのか、そういうお国柄というか、ある意味覚悟しているというか)
やはり離れているほうが情報はないし事情はわからないし心配になると思います。
Commented by lyonnaise at 2015-11-21 06:36
あきさん
おぉ、日本特有の議論。
フランス、情報や事後の対処は早いですよね。

気分を変えることは大切です。(笑)
<< 週末からは 雑感 >>