美術館を救う署名のお願い


しばらくトップ記事に残します。(最新記事はひとつ下)


リヨン織物美術館&装飾美術館を閉館の危機から救うために文化相に訴えよう、と中世の織物のコレクターさんが始めた署名活動です。

https://www.change.org/p/madame-fleur-pellerin-3-rue-de-valois-non-à-la-fermeture-du-musée-des-tissus-de-lyon

ぜひご署名お願いします。
そして、お知り合いの方にも情報を回して下さるとうれしいです。


※署名ページに書かれている言葉
「リヨン織物美術館は閉館の危機にあり、それは重要な文化遺産の大惨事を意味する。
リヨン市や文化省の無関心は、考えられない結果を招くかもしれない。
リヨン織物美術館は、テキスタイルの分野において、質の面でも量の面でも世界有数の重要な機関である。フランスのテキスタイル遺産を代表するものであり、広く研究の対象でもあり、現代のクリエーターのインスピレーション源でもある。
リヨンや地域の財産を守るため、またフランスの威信にかけても存在し続け、一般公開し続けなければならないのである。」





人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-12-30 23:59 | 美術・文化 | Comments(0)
<< リヨンの聖なる扉 よ... リヨンで天ぷらうどん Chez... >>