プラシド・ドミンゴ氏が




あの「三大テノールの」プラシド・ドミンゴ氏が、
リヨン織物美術館の存続のために
フランス文化相(先日交代して、現在アズレー氏)に
手紙を書いて下さったそうです。
プラシド・ドミンゴ氏から文化相へ



Europa Nostra という、ヨーロッパの文化遺産保護団体
(非政府機関250、アソシエーション150、個人1500名の会員)
の会長だったというのは知らなかったのですが、
すばらしいお手紙!

さらに、6月にパリのオペラ座で椿姫に出演なさるそうで、(聴きにいきたーい!)
「その際にお会いできることを楽しみに」と締めくくられています。
グッジョブ!(←何様?)


文化相、何もせずに、会えないよねー。
よろしく頼みますよ~。


実は私、今回の文化相には期待してるのよね。
シアンスポの後、ENA。(さすが才媛)
その後ずっと文化系の方だし。
就任前は大統領文化顧問。


ショック!私よりずいぶん年下だったんだー。
なんか、自分がこわいわ。。




月日が経つのは早いよね。
の、クリック~
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。


[PR]
by lyonnaise | 2016-03-05 22:31 | 美術・文化 | Comments(2)
Commented by あき at 2016-03-06 14:41 x
「あさが来た」を見る。波瑠さんもいいけど、玉木宏さんが上手です。
人生は紙飛行機、願い乗せて飛んで行くよ~365日。

リヨン織物美術館の存続応援していま~す。
Commented by lyonnaise at 2016-03-06 21:27
あきさん
連ドラでしょうか。
織物美術館、リヨン在(&経験者)としては、絶対に存続して欲しいですよね。
<< レアールのMONSで手軽にチーズ 気持ちが落ち着く、おいしいもの~ >>