オノヨーコ展 @ リヨン現代美術館




多才なところが(?)
オリジナルなところが(?)
スピリチュアルなところが(?)
平和活動を長くされているところが(?)
フランス人にも とても人気があるアーティスト YOKO ONO。

現代美術館での「Lumière de L'aube」展。
フランスで初めての総集編的な展覧会。


久しぶりにテットドール公園の

c0186684_05355283.jpg
桜が散ったあたりを通って
(数年前にはお花見したなぁ。今年は見に来るのも忘れてた。。)

美術館テラスでカフェタイムの後
c0186684_05364187.jpg
チケットの列に並んでいたら
聞こえてきた日本語。
振り向いたら、
友人家族!

すっごい偶然!!


c0186684_05370574.jpg
入ったらものすごい人で
思わず写真を撮ったら、
c0186684_05374522.jpg
入場者がチェスのチャンピオンと
楽しめるコーナー。
※いつもではなく、偶然その時だった

この展覧会は参加型。

(奥に見える)はしごに上って空想したり
通り抜けたり

c0186684_05384059.jpg
釘を打ち込んだり

割れた陶器がたくさん並んでいて
それを修復したり。

ちょうどバカンス期だったので
親子で一生懸命直しているのが
かわいかった。


日本語の文章も並んでいて、
その中で私として、あぁ、そうか。
と思ったのは、

c0186684_05470401.jpg
漢字で書かれた名前を見たのが初めてだった。


YOKO ONO Lumière de L'aube
7月10日まで




何度か行きたい。
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。




被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。


[PR]
by lyonnaise | 2016-04-28 22:32 | 美術・文化 | Comments(0)
<< 食べる順番を大切に 旧市街でスピードランチ >>