マダムたちの貫禄



このところ、ニュースを見たりラジオを聞いたりする度に
夏の開放的な気分を打ち消してくれる出来事が。。

そしてフランスの教会で。。

猟奇的事件が多すぎて、、なんとも、、。



さて、秋には Festival Lumière 映画祭が行われる。

1895年に映画が「発明」された街リヨンで、
2009年から毎年行われている映画祭。
もちろん、Institut Lumière の主催。

今年のリュミエール賞の受賞は

女性が受賞するのは初めてだそう。
授賞式は10月14日
映画祭は8日から16日

貫禄がありますよね~


c0186684_06105791.jpg
リヨンのマダム達も~
※推定70代の二人
すらりとした脚、私なんかよりきれいだわ。

年とともに華やかな色を選ぶマダム達。
素敵ですよね。


人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。

[PR]
by lyonnaise | 2016-07-26 22:51 | 季節イベント | Comments(2)
Commented by あき at 2016-07-27 10:33 x
「障害者」は安楽死させる。「安楽死」ってまったく言葉の意味が違います。犯人の考え方は常識を激しく逸脱している、猟奇的事件です。

さて、右側の女性タイプです。(照)
Commented by lyonnaise at 2016-07-28 05:32
あきさん
犯人は精神を病んでいていろいろ問題を起こしていたようですが、その程度では拘束もできませんし、フランスもそうですが、今後の問題ですよね。

あはは、タイプですか。スッキリきれいな後姿ですよね。
<< ソーヌのマルシェの車カフェ 日本を味わうひととき >>