プチ・二コラ



今日は曇り。
湿気で空気が重い感じ。

日の出も遅くなって、秋の訪れを感じるこの頃だけど。


フランス人はバカンスに出る時、
分厚い本をたくさん抱えて出かける。

海沿いに行って、
泳いだり日光浴したり読書したり
それで毎日過ごすらしい。

海だけじゃなくて、田舎に行くときもね。

先月のプチバカンスの時、
電車で片道4時間ぐらいだったのだけど、
周りは分厚い本かイヤホンで音楽聴いてるか。


私のお供は、プチ・二コラ~(二コラ君)

そう、子供向けの本。


プチ・ニコラ〈3〉ニコラの夏休み (偕成社文庫)

新品価格
¥756から
(2016/9/5 04:48時点)




このプチ・二コラはフランスで人気者。
でも本を読んだことは無かった。
切手になっていた時は
1シート購入して母への手紙に貼ったりしたけど。


出発前の週末に、ソーヌ沿いのブキニストで
偶然手にして思わず購入した「いたずら」

子供の口調で面白い。


戻って、また偶然ブキニストに寄って、「旅」

2冊買おうかと思ったけど、
読み終えたら新たに買うことに。


読み終えたけど、今日は作業していてブキニストに行きそびれた。。



読み終えたのは
c0186684_04373466.jpg
子供用の本置き場へ。
読み終えた人が置いて、読みたい人が持って行く。


これは夏の間だけ現れるのだったかな。



人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。

[PR]
by lyonnaise | 2016-09-04 21:15 | フランスでの生活 | Comments(5)
Commented by あき at 2016-09-05 07:19 x
プチニコラは仏文科の時、初級のテキストでした。講師はU先生。仏文科の助手。年上の奥様のお母様はパリ暮らしをした華麗な一族の翻訳家。
結論、プチニコラ小生も読みました。
Commented by くるくるくっきー at 2016-09-05 10:23 x
うわー!

いいシステムですね!
本のリサイクル!
日本でもやればいいのに。

そういうシステムがある社会って、
すごく大人な社会っていうことですよね。
今の日本じゃ、無理かなあ~




Commented by lyonnaise at 2016-09-06 06:37
あきさん
大学生のころに読まれたのですね。drôlement content とか、よくでてきてかわいいですよね。
Commented by lyonnaise at 2016-09-06 06:38
くるくるくっきーさん
こどもの本、いいシステムですよね。
大々的にやると古本屋さんとか(週末だけの)ブキニストさんがかわいそうなので、夏だけなのかなぁ、、と思います。
Commented by 梨元 at 2016-09-06 07:29 x
華麗な一族の一員となったU先生、奥様との馴れ初めを話されておられました。大学院生の時に誘われた?女性の方から積極的に婚活をしたんだ。恋愛の勉強になりました。
<< 今週の野菜とチーズたち 実はシックなレストラン? En... >>