Sirha 期の一般向け食イベント@リヨン




リヨンで隔年に行われる(ボキューズ・ドールでも有名な)
プロ向けの国際的な食のイベントが週末から始まるけど、
それに合わせて一般向けの食イベントもいろいろ。

一番大きなのは、クロワルッスのトンネル内。土曜日のみ。


ローヌ側からは、「マルシェ」
入場料5ユーロ(事前ネット予約)※2年前は大混乱だったようで、今回は事前予約(一時間半ごと)
ボキューズさんのスペシャリテのスープが無料で振る舞われ、
出店者達の食材試食もあり。
(出店食材を買う場合は有料)
※事前にネット購入か、トンネルの中でチャージできる。未使用分は2月以降に申請して払い戻し。


ソーヌ側では「レストラン」
50人のシェフたち考案のランチとディナー
「サプライズ」メニュー
30€でグラスワイン付


記事にある2年前の写真
Atelier des chefs の料理教室だ。
一度ランチの料理コースに行ってみたいんだけどなぁ。

先日アテンドしたグループは、
c0186684_07224925.jpg
カラフルな春巻きも作成。
これだけアジアチックだった。



※イベント
ローヌ側入口とソーヌ側入口、移動はナベット(シャトルバス)は無く、各自移動するしかないそうなので、注意が必要。


予約は big (Biennale Internationale du Gout)
http://www.big-lyon.com/


ボキューズさんのスープは
フランスの病院厨房としては最大のリヨンの病院の厨房で
作られるそう。

作っているところ
全体提供予定は2万人。
その内、まず試食するのは
入院患者5000人だそう。




人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。

[PR]
by lyonnaise | 2017-01-18 22:53 | 季節イベント | Comments(2)
Commented by あき at 2017-01-20 07:05 x
トンネル内ならば寒波も入らないから暖かそう、イベントの時は通行止めですよね?
一生涯、一年で、100万円貰えるはずの管工事年金基金破綻。
順調ではない時、何かに突きあたった時に考え、そこで良い解決策を見つけると言う「逆転の発想」が大事だといつも思います。65歳から有限会社から、法人税もかからない、一人親方社長の仕事に変えました。
小生の人生もこれから逆転の時期です。(小さな声で。厚生年金は頂いております。)
Commented by lyonnaise at 2017-01-20 08:49
あきさん
確かに寒波は入らないし、人が集まるから暖かいかもしれませんね~。

年金破綻は、いろんなところで起きそうですね。私も他人ごとではないかもしれません。
逆転の発想、大切ですね!
<< カフェづかい In Cuisine 予報通りの寒波 >>