カテゴリ:美術・文化( 88 )

ミュゼ・デ・コンフリュアンス



今日は雪が降りましたよ!
しかも、午後!
予報ではマイナス1度からプラス1度。
明日の予報はマイナス3度からプラス3度。
どっちがいいか?
(そういう問題?)

朝の外出はvélo'v だったのですが、
同僚にドン引きされました。。
あれ?私的には何も問題ないんですけど。
着込んでるし、、、
ユニクロのヒートテックに、
タイツは日本で仕入れてきた分厚いもの。

なぜフランスより寒くない日本で
こんなスペシャルグッズがあるんでしょうね!



さて、コンフリュアンス地区、ローヌ沿いにできた
斬新な建物、
Musée des Confluences
自然社会博物館です。

リヨンアンバサダーのアペロ会場が
普段はカフェやバーなのですが、
今月はこの博物館だったので、
先日行ってきました。
同じく久しぶりという友人と。


人数制限があったので、30分ほど早めに行ってみたら、
c0186684_6101729.jpg

珍しくフランス人が並ぶ光景。

c0186684_6103484.jpg

中で、飲み物をゲットするために(ゆるく)並ぶ光景。

あとは展示会場ですが、
特に今は、パリのギメ美術館との共催の企画展がラッキー。

c0186684_6105621.jpg

c0186684_6111039.jpg

c0186684_611296.jpg


気づいたら、日本のものばかり撮っていました。

c0186684_6114295.jpg

例外のマンモス
どこに焦点が合ってるんでしょう。

じっくり見たら一日かかるぐらいの広さです。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2015-02-05 21:55 | 美術・文化 | Comments(2)

リヨン織物美術館 ジャッカール展



あー、祝日だったとは思えない。
街はシーンとしていたので、それは祝日らしかったけれど。


先週あった企画展のヴェルニサージュ(オープニング)
仕事が終わってなかったので、ちょっと迷ったけれど、
翌日の展覧会説明には行けなかったので、ささっと見に。

c0186684_619368.jpg

ちょうど挨拶が終わる頃に到着。

お客さん達がリヨンオペラ座衣装展からぐるっと回って企画展に行っているころに、
先回りして~
c0186684_6192413.jpg

オペラ座メインフロアにみんなが押し寄せてきた頃に、逆移動。

c0186684_6195133.jpg

左にちらっと見えるように、ここでカクテルだったのです。(笑)
中庭でカクテルということが多いけれど、前日の豪雨と当日午後までの雨で
きっと中に変更になったのでしょう。

c0186684_6203695.jpg

日本ではジャガード織という名前で有名な、ジョゼフ・マリ・ジャッカールさんの発明や
当時の織技術などにスポットを当てた展覧会。

1月4日まで。
リヨンオペラ座の衣装展も当日まで延長中。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-11-11 21:55 | 美術・文化 | Comments(4)

日本文化@リヨン第三大学



先日大学で行った茶道イベントが学部のサイトに載っていました。
大学で日本の茶道

広報担当が茶道について結構調べたようです。
(というのは、「至急:一筆書いて!」、という依頼が大学のメールアドレスに届いていたけれど、普段使っていないので気が付かなかったのでした。で、諦めて自分でネット検索した模様。笑)



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-10-18 20:57 | 美術・文化 | Comments(4)

織物美術館でのオペラ



今日も雨、22度。
UV指数は3。
明日から2日間「は」晴れの予報。
ひさしぶりの太陽、楽しみ。


絹の街リヨンの織物美術館。
開館から50年。
秋までの企画展は、伝説の衣装展。
リヨンのオペラ座でここ20年使われた衣装。
1階の常設展部分を全て使った企画展。
楽屋の雰囲気などもあり。


この美術館は、常設展は写真撮影不可だけど、
企画展はOKだったんです。

で、少々雰囲気を。

c0186684_14462036.jpg


c0186684_14464073.jpg



ひさしぶりに魔笛を聴きたくなったなぁ。

Musée des Tissus de Lyon
34 rue de la Charité (2e)



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-07-30 07:17 | 美術・文化 | Comments(0)

ピアニスト 小島則子さんのコンサート



友人のピアニスト、小島則子さんがジュネーヴでデュオ・コンサートを!
PDFをコピーしてみた。
読みにくいけど。。 (それよりジュネーヴの方がこのブログを読まれているとは思えないけど。。)

リヨンで所用の為、行けないけど、盛会を祈って☆


Au MONDE à PART
14, rue Goetz-Monin 1205 Genève
Accès TPG Bus 1 arrêt Lombard / Tram 12 arrêt Pont d’Arve / Bus 5 et 7 arrêt Hôpital

mardi 27 mai 2014 à 20h00
Alain Guex, hautbois et cor anglais
Noriko Kojima, piano

au programme :
Fauré, Ravel, Poulenc, Frank Martin
et
la dernière oeuvre de Michel Wiblé,
avec le compositeur au clavier

Prix global concert, buffet de la cour des jumeaux et vin : 40.-

Réservation obligatoire depuis le site :
www.lemondeapart.com
jusqu'au 26 mai 2014

Le MONDE à PART, espace privé, soutient les artistes qui s'y produisent, ainsi que cinq orphelins
cambodgiens et une petite école proche de Kep, sans solliciter de subvention et sans appui publicitaire.
Il est sensible à la fidélité des personnes qui le fréquentent et au dévouement de celles et ceux
qui l'aident bénévolement dans ses activités.


気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-05-24 20:57 | 美術・文化 | Comments(4)

オペラの衣装展 @ 織物美術館



旅行の後って、足がレストランに向きそうになるから困りますよね。

現在パスタのお湯沸かし中~


今月半ばから始まった企画展。
前回はアンチノエで古代だったけど、今回はオペラ座
リヨンのオペラ座は演出が斬新なので、衣装も現代的なものが多かったです。

オペラ好きとはいえ、伝統的なのが好きな私はリヨンに来てからオペラを観たのは
数えるほどしかないんですけど、こういう雰囲気はいいですね。
ジャン・ヌーヴェルが改装して20周年を記念しているので、その20年間に使われた衣装の展示。
企画展を観るたびに思うけれど、フランスはscenographie?見せ方が上手ですね~

c0186684_1937124.jpg

ヴェルニサージュ 遅れて到着したら挨拶が始まるところ。

c0186684_19371382.jpg

参加者、入口に殺到
しばらく入れません。 
私は前日の関係者説明会で中は見ていたので、混雑を助長するようなことはせず

c0186684_1937315.jpg

シャンパーニュ~

それでも中をもう一回みようと思っていて、待っている間に2杯目
すきっ腹に(ほんのちょっとおつまみあったけど)効いたのでしたー。

Musée des Tissus de Lyon
"Costumes de légendes",
20 ans de création à l'Opéra de Lyon
Du 15 avril au 21 septembre 2014




気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-04-26 12:22 | 美術・文化 | Comments(4)

教会でのチャリティコンサート


長期天気予報は出ないフランスですが、予報らしきニュースを発見。
1月は1900年以降で最も暖かい1年だったそうで、(1936年と1988年を除く)
2月も同様の日々が続いている。
だけど、3月は不安定。嵐がしばしば来るかも。
4月はもっと不透明、だそう。(←不透明なら誰でも言える。笑)


さて、しばらく前にチャリティーコンサートがありました。
会場は、ロマネスクではリヨン最古の教会、Basilique Saint-Martin d'Ainay
この教会での音響はどうなのか、どんな雰囲気のコンサートになるのか知りたくて行ってきました。

目的は、運動性不全失語症と統合運動障害のお子さんを持つ親御さんの会への資金援助ということでした。

c0186684_100753.jpg

600席ほどあったそうですが、一杯でびっくり。早めに着いたのに席を確保するのにひと苦労。
音響も意外とよく素敵なコンサートでした。
ただ、コンサートホールで聴くときとの違いは、音楽が好きではなくて、別の理由で来ている人も多いということ。
前の列を占めていたグループにちょっと辟易。。
ずらーっと物を並べて場所取りするは、始まるギリギリまでしゃべるは、、、
指揮者がわざわざ、「4楽章だから」と説明した(つまり、4部に分かれてるけど途中で拍手なんてしないでね。と教えてくれた)にもかかわらず、拍手が沸き起こり、
まぁそれはまだいいのですが、
その後、次が始まってるのに、「あ、拍手しちゃったわね。私たちったら~キャハハ。」みたいにしゃべってる時にはゲンコツをお見舞いしたかったです。もー、あのオバサンたちったら。
踏みとどまりましたが。(当たり前)


でも音楽っていいですね~。
数年前は、交響楽団の年間申し込みをして通っていたものですが。(遠い目)
またコンサート会場に行きたくなりました。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-02-19 00:51 | 美術・文化 | Comments(2)

『風立ちぬ』



を観てきました。
先日、雨降りの日に。


席が無かったら困るから早めに行ったら、まだ開いてなくて、
c0186684_7531455.jpg

自動券売機。 暗いしiphoneだからボケボケ。
チケット(7,40ユーロ)をゲットして、
近くのカフェで読書タ~イム。

とっても久しぶりの映画館だったので、予告編も見たいと思って、早めに部屋に入ったら
誰もいない。。 予告も始まってもいない。
c0186684_7542616.jpg

メールチェックしたり、フロアで写真撮ったりして、

5分前に部屋へ。
c0186684_7534688.jpg

c0186684_754060.jpg
c0186684_7541391.jpg

一人いましたよ!
雨の平日の朝でした。


その後、始まる前に一人来て、二人来て、10人強ぐらいになりましたー。


2時間が短く感じる、絵の美しさとストーリー。
終わった時にはちょっと放心状態。
でも、フランス人達も、ユーミンの歌が終わるまでみんな静かに座っていました。(少数を除いて)
歌も字幕が付いていたのと、女の子と重なる部分があったからかな。余韻を楽しんでたのね。

でも、途中で泣いてたのは私だけだったみたいです。
字幕じゃ目で追うのに精いっぱいで、そこまで感動できないのね。(涙もろくないだけ?)

登場人物は子どもまで言葉遣いがとても丁寧で、これは宮崎監督が現代の日本人に美しい日本語を使うようにという意図なのか、昔は小さい子でも(いいお家の子どもは)丁寧な言葉遣いだったのか。


いや~、映画っていいですね!



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-02-08 23:55 | 美術・文化 | Comments(2)

エルメス@織物美術館


天気もいろいろその他もいろいろ。

週末と週明けの仕事の内、2つキャンセルになって悲しいこの頃。
特に準備に力を入れていた方は。。(涙)
※追記 全部ではなくて半分です。ご心配おかけしてすみませぬ~~

ま、今の体力のためにはよかったのかな。
それより、他の仕事の為によかったのかも?
と思うことにしよう。


昨日は、雨と曇りじゃなくて雷雨と晴れが交錯する珍しい日でした。
何度か移動があって面倒だったけど、雷雨の時じゃなかったのをありがたく思いました。
ま、私は晴れ女だから当然だけど。(違?)



久しぶりにリヨン織物美術館(Musée des Tissus de Lyon)の模様を。

c0186684_784576.jpg

企画展の時にはヴェルニサージュが行われます。
これはメイン企画展の「アンチノエの暮らしとモード」展
年に一回半年ほど続く企画展です。(10月1日~2月28日)

中庭がギュウギュウになるほどの参加者。
この日は会場の混雑が容易に予想できたので、即帰って、
翌日の関係者説明会で展示確認。


c0186684_791832.jpg

日本の収蔵品を中心とする東アジア展示室が、華やかになっています。
※普段は館内撮影禁止。ヴェルニサージュで収蔵品を写さない場合はOK
今度は短期企画展、エルメスの「織物の花と蝶」(10月11日~1月5日)
織物美術館の収蔵品からインスピレーションを受けたデザインのカレ(caréeスカーフ)の展覧会です。

c0186684_793849.jpg

一部をビロードのように毛羽立たせる作業のデモンストレーション

さすがにエルメスのヴェルニサージュだけあって
c0186684_7102052.jpg

このスーツのムッシューとか

c0186684_7104067.jpg

色違いのカレが置かれたテーブルの周りに陣取るマダム達とか
客層(?)が違います。

ここでは、「この色がいいわ!」と言うマダムに、「在庫の状況によりますからね」とエルメス担当。
すると、「なくても注文すればいいんでしょ?」

やっぱり客層違うわ、普段とは。(笑)



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-10-24 23:51 | 美術・文化 | Comments(2)

贅沢な夕べ



c0186684_1959756.jpg

教会でこんな本格的なピアノのリサイタルを聴けるなんて!

いや~、さすがプロの演奏は違いますね。
隣にいた(フランス人)ムッシューはやたら感動されていて、ブラヴォーと叫んでいました。(笑)
その横のムッシューは「彼女はプロなんだよ。」と。

大きなコンサートホールでみんなに聴いてほしい。と思ったのは私だけではなかったはず。


でも、(チャリティーの対象だった)教会のオルガンは、11月に設置されるそうです。
すばらしい。
木曜日もたくさん寄付が集まったかな。


Nさん、素敵な夕べをありがとう!
ゆっくり休んで疲れを取ってね。


おかげで魂の洗濯ができたね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。


気仙沼ミサンガ応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-10-13 12:53 | 美術・文化 | Comments(2)