カテゴリ:美術・文化( 88 )

文化遺産を聴いた



毎年楽しみにしている文化遺産の日なのですが、今年は時間が取れなくて回れず
ようやく一つ見学に。
「サン・ジャン大聖堂のブルボン」
ブルボン王朝との関係を教えてくれるのかな?と参加。ブルボン王朝の礼拝堂もあるしね~


c0186684_4575464.jpg

なぜか集合場所は遺跡広場

「ブードンの見学の方はこちらへ~」
「は?」
「あ、クロッシュのことです。」
Bourbon ではなくて、bourdon でした。

c0186684_458404.jpg

この鐘楼を見ながらということでした。


説明は教会の鐘に関する本を共同執筆した方だそう。
熱意を込めて説明してくれて、途中で電話して鳴らせてくれました。
巨大な鐘と5つの小さな鐘があるそうです。
大きいのは7700kg
キリスト教の重要な日、教皇が選ばれた日、リヨンに新たな大司教が赴任した日などに鳴らすそうです。


c0186684_501795.jpg

ステンドグラスが反射してきれいでした。


半分ぐらいしかわからない説明をそれでもほほぉ~と感心しながら聞いて、
一時間ぐらい経ってかなり帰り始めたので、私も「ありがと~」と言って失礼しました。
ら、
「中国の鐘の象徴的な意味を教えてくれます?」
「日本人なので~」(と逃げようとしたら)
「日本の鐘の象徴的な意味を」
(え。。汗)

「えーと。日本のお寺のってことですね~」
(時間稼ぎをしても思い浮かばない)
「日本ではお正月に鐘を鳴らします。」(除夜の鐘だけど)
「年に一度だけ?」
「えーと。 すみません。正確に知りません。。 でも日本では元日が一番大切な日なので。」
「新年には誰が撞いてもいいんですよね。」
「はい。いくつかのお寺ではそうです。(よく知ってるな~。)」

結局お茶を濁して帰りましたとさ。日本のお寺って毎日鐘を撞くのでしたっけ?
母国のこと知らないなぁ~~。。


自国のことを知ってから他国の文化遺産をね。
の、クリック、ありがとうございます~。。
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-09-16 22:38 | 美術・文化 | Comments(4)

映画のシーン



普段は住宅や保険オフィスや工事中の建物

そんなところに突如現れた

c0186684_6572924.jpg

靴の修理屋さん

c0186684_6572817.jpg

金物屋さん

c0186684_6583139.jpg

お肉屋さん


c0186684_6583461.jpg

日向ぼっこにしては皆さんなんかちょっと違う感じ?

c0186684_6591870.jpg

レトロですよね~


c0186684_6594679.jpg

撮影でした!
手前の女性は、遠くの助監督(?)の声を知らせる役。「静かに」 「撮影」 「休憩」など。

c0186684_701779.jpg

脇の道には器材を乗せる(とみられる)車がずらーっ


こうやって撮影するんですね。
c0186684_704628.jpg

最初のお店の写真はすべて、建物の前に50センチぐらいの簡易な枠の貼り付けです。
えぇ、ここは金物屋さんじゃなくて、保険屋さんです。


ぱっと見じゃわからない
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-08-10 23:51 | 美術・文化 | Comments(2)

美術展二つ & Nuit des Musées


久しぶりに美術展のご紹介です。

Sucrière (シュークリエール:元砂糖工場だったので、その呼び名のまま)

美術館というよりは、現代美術を展示する空間という位置づけで、
二年に一度開かれる現代アートビエンナーレの会場になる場所です。

現在、ベルリン在住日本人アーティスト 塩田千春さんの作品を展示中

展示とは言っても、美術品が並んでいるのではなくて、インスタレーションなので、
広い空間いっぱいにその世界が繰り広げられているという感じです。

塩田千春さんのインスタレーション
7月末まで
トラムT1 終点のMontrachet から徒歩5分


c0186684_20162554.jpg

白いドレスは人間の第二の皮膚を比喩的に表したもので、
人を(個別の人間ではなくて)普遍的に表現しているそう。

黒い糸は、人の記憶
脳のニューロンをイメージしたもの
複数の人間の記憶がからまりあってそれが深く宇宙につながる世界を創っている。


私の故郷の讃岐は丸亀の猪熊弦一郎美術館でも「私たちの行方」という個展が行われているようです。



Musée des Tissus 織物美術館

こちらでは毎年春から秋にかけて大きな企画展が開かれるのですが、
今年は、肖像画にスポットを当てたもの。肖像画と言っても、もちろんシルクで織られたものです。
肖像画は1771年に初めてリヨンで織られました。
近寄ってみても、本当に織ってるの?と思うほど精巧にできています。

c0186684_20165220.jpg

残念ながらこの美術館は写真禁止なので、vernissage の際の外観。



それから、来週土曜日は、美術館が夜オープンするラ・ニュイ・デ・ミュゼです。
19時頃から夜遅くまで(美術館によって違うので、サイトでご確認を)無料でオープン
紹介サイト

せっかくの機会、美術展を楽しみましょう~


19時なんてまだまだ明るいしね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-05-13 12:50 | 美術・文化 | Comments(0)

文化の秋



ついつい食べることにばかり目が行ってしまう昨今だけれど、
秋は文化的なことを楽しむ時季でもある。

(でも秋ってなぜかたべものがおいしいんだもの~~)


ちょうど文化の日に、Musée des Tissus(織物美術館)で新しい展覧会のオープニングがあった。


c0186684_781268.jpg




美術館内は写真撮影禁止だけれど中庭だからOK

新しい館長さん挨拶中
その左はリヨン商工会議所の代表者
※この美術館と併設の装飾美術館は商工会議所の管轄

みんなあんまり聞いてない。

今回の展示は、黒マリア様の衣裳。
珍しい視点よね。

リヨンのフルヴィエールのバジリカ聖堂に併設された礼拝堂にも
黒マリア様がいらっしゃる。


c0186684_711046.jpg






今回の展覧会は、有名なトゥールーズの教会の黒マリア様の衣裳がメイン。



展示には18世紀から21世紀までの作品があるけれど、

これは現代を生きるクチュリエが作った7点の内の一つ。


かなり斬新ね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-11-07 23:01 | 美術・文化 | Comments(2)

美術館でのひととき



週末の代わりにオフの一日

リヨン美術館でゆったりと


c0186684_4122844.jpg











ピエロさんと一緒に眺める













c0186684_4141531.jpg






テラスが気持ちいいカフェ



週末からトゥッサン(万聖節)のバカンスに入ったからか
結構混んでいた。



やはり外が人気だったけど
私は中。
晴れていたとはいえ、ちょっと寒かったし。
デュフィの大きな絵を眺めながらのカフェタイム。







c0186684_4154979.jpg




中庭も秋の香りがして素敵な空間に。

仕事帰りか散歩の途中か思い思いのひとときを楽しんでいる人達。


早いうちに楽しもう。


19時になるともう暗いしね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-10-24 21:07 | 美術・文化 | Comments(4)

芸術の秋も


このところ、たべものばかり載せているような気が。。


c0186684_7401478.jpg




先日、ガダーニュ館で行われた
展覧会のオープニングの写真


館長さん(女性)の服装は渋いトリコロール?
(挨拶はリヨンの副市長さん)


現在、東大フォーラムが開かれていて、
メインのオープニングは19日だけれど、
一足先にここで展示が。

科学的なコレクションの写真展。





織物美術館では、中旬から滝沢氏の衣裳展が開かれる。
身体の運動だから、こちらも科学的。


高尚過ぎて感想にならず?
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-10-05 00:38 | 美術・文化 | Comments(2)

教会でのピアノリサイタル

友人のピアニスト、小島則子さんが
今年も6区の教会で、
パイプオルガンの修復のためのリサイタルに出演。
(チャリティーで、個人の意思で寄付する方式)


c0186684_7564189.gif




10月13日(木) 20時より

Eglise de la Rédemption
Place Puvis de Chavannes

最寄駅は6区のメトロ Foch



写真は、このサイトからお借りしました。




PDFを貼り付けられないからコピー(でもテキストしかコピーできないー)

Noriko KOJIMA
Récital de piano

jeudi 13 octobre 2011
à 20h00

C. Debussy:
Suite bergamasque

G. Fauré:
Nocturnes

F. Chopin:
Nocturne
Valses

F. Poulenc:
Improvisations
Napoli

Concert gratuit
(Libre participation au nouvel orgue)

Eglise de la Rédemption
Place Puvis de Chavannes
Lyon 6eme Mo: Foch


パイプオルガン修復のためって、素敵!
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-10-01 22:07 | 美術・文化 | Comments(4)



c0186684_6595663.jpg





しばらく前の土曜日
チャリチャリ走っていたら、
3区の区役所の近くで素敵な車発見。


土曜日は結婚式が多くて、
区役所の近くでは着飾った人とかリボンがついた車をみかけることがよくある。

6区(高級住宅街)の区役所付近では
幅広の帽子をかぶったオシャレなマダムたちがずらーっといたことも。






フォルムの美しさにしばらく見とれ

立ち去る前にやっぱり写真!と思って1枚。



お花の色も合わせたのかな。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-09-29 23:51 | 美術・文化 | Comments(6)

文化遺産の日


絹織物のTassinari et Chatel へ
5月にクロワルッスに移転されたそう。


c0186684_7333258.jpg







1680年創業で、ヴェルサイユを始めとする欧州の宮殿に納入
現在はエリゼ宮、スペイン王室別荘、ホワイトハウスなども顧客にもつメゾン。

ヴェルサイユ宮殿の内装の修復も担当。
(同社の2名とPrelle 社の2名で)



帰りにもらったカード
いろんなモデルがあるみたい。
これは1811年にヴェルサイユの皇后のサロン向けに織られ、
現在ではエリゼ宮で使われているもの。








予約してなかったから、10時オープンを目指して行ってみた。
10h15ぐらいに着いたら建物の前で20人ぐらい待っている。

列について様子伺い。
担当者、まだ来てないのね。。

10分経ち、15分経ち、一人、また一人帰る人あり。

そのうち、後ろに並んだ人が、
「もう入ってる人いるよ。」という驚きの事実を。
(驚きでもないか)

そこからみんな表情明るく待つ。
会話もはずむ。


c0186684_6542575.jpg

と、道の横から近づいてきて何気に列のところにいる女性あり。
みんなでシカトしてたら、開いてないのか聞いてきて
列に並ばなくちゃいけないと言ったのに、そのまま私の横あたりにいる。

後ろに並んでる人達は、嫌な顔をしつつ何も言わない。
(こういう時って、フランス人何も言わないのよね。横入りに慣れてるから?)

入場のとき、当然のように私の横に進んで来た彼女。
入口で足を止めて、
「あなたは待つべきです!先に来てた人達を」
と言ったら、さすがにそこで止まった。


フランス人よりはっきり言う日本人
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-09-18 00:22 | 美術・文化 | Comments(12)

リヨン美術館のカフェ


今日は朝から雨降り。
止んでもまた雨。まさに梅雨みたい。
でも今は晴れ間がでて気持ちいい。
最高気温21度という予報だったけど、19時でようやくそのぐらいかも。


普段意外ととカフェ休憩をすることがない私は
リヨンでのお気に入りのカフェの数も多くはない。
(というか、みつけていない)



c0186684_2412351.jpg






ここはその数少ないお気に入りのカフェ。


静かな中庭で昔の修道院の建物を眺めながらゆっくりできる。

おいしいクッキーもついてくる。







c0186684_233569.jpg







この日は晴れていた。


でも午前中は日が当らないから少々肌寒い。








c0186684_2333732.jpg








ちょっと和風っぽい植物?










c0186684_2341067.jpg




いろんな色。

バラバラだけどマットと合っている。




テラスへの出口の両側に伸びていて、
反対側はソファがあるからくつろげる。

この時はお客さんがいたから写さず。



c0186684_2352385.jpg


リヨン市管轄の美術館6か所に入れる年間カード
20ユーロ。
数年前から値下げ。(すばらしい!)


購入はこのページのクーポンをプリントして住所や名前を記入して、写真を1枚持参すればOK(6か所の内どこでも)


でも、このカフェは美術館の入場チケットを買わなくても入ることができる。

素敵な休憩スポット。



福島原発行動隊応援してます。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2011-07-20 19:21 | 美術・文化 | Comments(6)