<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

grande roue 観覧車

撤去作業中だった!

ベルクール広場に夏と冬にお目見えする観覧車です。

c0186684_1385741.jpg




















人と一緒だと大きさがわかりますね。 c0186684_13102345.jpg






















乗った友人たちに寄ると、速いし、カバーはないしで、怖いらしいです。。

7月中旬から8月25日の期間中、11h~23hまで
今度はまた冬にお目見えですね。
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-26 20:58 | 季節イベント | Comments(0)

時計屋さん

電池切れの交換&ベルトも古びて色が変わってたから一緒に交換することに。

バカンス時期でもお店は開いてたわ!
時計は専門店になるから、入るときにちょっぴりドキドキします。日本のようにデパートなら気にせず行けるのですけれど。

「なんて言うんでしょう? バンド?交換お願いしたいのですけれど。」
「Bracelet ですね~。」 ブレスレットか~。なるほど。

合う幅のを出してくれたら、4つしかない。。本当に選択の幅が狭いフランス。(笑)
好きな色があってよかった~
一番欲しかったボルドー色はなかったけど。。

交換の時に「あ、ここの、なんて言うのかしら? 元のを使っていただけます?」
「Boucle ですね~。」 バックルか~。

(フランス語の勉強中? 笑)

c0186684_1265567.jpg
ベルト、いくらかな~。とドキドキしたけど、9ユーロ。 皮なのに。
これまで帰った時に直してたけどリヨンの方が安かったのだわ。
あ、でも種類は日本の方が多いわね~。
※電池交換は6ユーロ。






Arthur La Cie des Montres
68 rue de la République
ベルクール広場のすぐ近く
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-18 23:21 | リヨンのお店 | Comments(0)

ゴーストタウン

街の中心地に行ったら、すっかりゴーストタウンでした。
c0186684_11381254.jpg ちなみに車の列は放置、もとい、駐車中の車です。

住んでるところが結構人通りが多いところ(バカンスに出ない人が多いってことかな?笑)だから、2区がこんなにガランとしてるとは思いませんでした。
6区(高級住宅街)は8月はゴーストタウンと住んでいる人から聞いたことがあります。











軒並み閉まってるお店の前には、貼り紙。
印刷してるところもあるけど、まだまだ手書きも。(笑)
一ヶ月近く不在にするのに手書きという気もするけど、まぁ味はありますね~。

一番丁寧な表示!
c0186684_11401349.jpg と思ったら、「夏の間、開けています。」という表示でした。

そうよね~。主張しなくちゃ、ね~! 閉まってると思われちゃう。
















でもなんで閉まってたの?
c0186684_1141769.jpg 














16h30再開でした。(笑)
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-11 17:29 | バカンス | Comments(0)

Place Bellecour ベルクール広場

ルイ14世の騎馬像は
c0186684_1124897.jpg 



















ベルクール広場に c0186684_11243567.jpg
















普段は待ち合わせしてる人も多い広場ですが、土曜の朝は人がまばらです。

c0186684_1125053.jpg いいお天気だった~☆





















広場から真っ直ぐ西に歩いて、La Saône ソーヌ川の写真を撮ってたら、後ろでペチャペチャしゃべる声が。散歩の途中か、休憩し始めた親子
次はどこに行くのか興味ある。
ちょっと遠ざかって看板の写真を写しながら観察してたのだけど、いつまで経っても c0186684_11252586.jpg 動かず
根負けして(?)戻ってきちゃいました。(笑)

リヨンでは観光客までのんびりしています~
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-09 12:12 | 街や建物など | Comments(0)

Pignol の pain au chocolat

以前、「リヨンで一番おいしいパン・オ・ショコラ」と友人から聞いていた、ピニョルのパン。

散歩の帰りに初めて買ってみました。
中では3組ぐらい朝食を取ってる人が。(マダム達)

買いに来てる人達が。(ムッシューばかり)

食べてみたら、
ふわふわして、ショコラも柔らかくておいしー! バターたっぷり。
チョコチップかと思ってたら、細い長い棒状のが2本入っていました。

私が食べた中でも一番です。とはいえ、リヨンのはあまり食べ比べたことがないのですが。。
パン・オ・ショコラは意外と食べません。パリや旅先の町で散歩の時にたまに食べる程度です。

(写真は後日探します)

パン・オ・ショコラとクロワッサン2個ずつで3,5ユーロ。クロワッサンが0,85でパン・オ・ショコラが0,90ぐらい?
そこらの手軽なカフェと同じぐらいの値段で、幸せな気分になれます。
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-09 11:56 | おいしいもの | Comments(0)

épicerie

ソーヌのマルシェの一番北の端の向かいあたりにあるお店です。
閉まってたけど、リキュールやペーストやなにやら美味しそうなものが並んでいたので撮影。

c0186684_1525342.jpg 塩やオイルもね



















看板を c0186684_15252954.jpg




Saveurs et finesse
お店の名前じゃないかも??
20 Quai St Antoine
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-08 21:50 | リヨンのお店 | Comments(0)

Fourvière の丘

ソーヌ川 La Saône から見るとフルヴィエールの丘の上のバジリカ聖堂も近く見えます。

c0186684_15194731.jpg


その前の裁判所のところに鶴、もとい、クレーン車がいます。(フランス語では鶴です)
もしや、数年後はまたこの裁判所を使うのかな?
私は、3区にある現代的な建物の現在の裁判所より、このギリシャ風のどっしりした建物の方が好きです。


Basilique Notre-Dame de Fourvière
http://www.fourviere.org/histoire-archi.php
時間があったら訳そうメモ
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-03 23:59 | 街や建物など | Comments(0)

Saône ソーヌのマルシェ

ソーヌ川岸(東側)に立つマルシェです。
ローヌ川沿いよりお客さんが多いと言って、移って行った野菜屋さんがいました。

c0186684_2114947.jpg 入り口は似た感じですが、














道幅は広いです。c0186684_21144382.jpg















お魚屋さんも2軒、ハチミツ専門1軒、オリーヴ専門1軒、生パスタ(シシリア)1軒
確かにお店も多いし、ソフィスティケされています。

ハーブの鉢植えに心惹かれたけど
c0186684_2115884.jpg
















トマトカクテルをゲット
c0186684_21154842.jpg





















ローズマリーも最後のお店でみつけて、幸せ~☆
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-02 21:37 | 日常 | Comments(0)

chassé-croisé の週末

ニュースによると、バカンスに出かける車、708kmの渋滞だそうです。
でも去年より若干短い(!)とか。

juillet 7月にバカンスに出かけてた juillettistes ジュイエティスト達が戻って
août 8月に出かける aoûtiens オーシィアン達が出発するすごい週末です。
...ィスト、...ィアン。シラキアン(シラク派)とサルコジストみたいに、よく使われます。

この週末、電車利用は400万人。 (フランスの人口は約6400万人です。)
その内、パリ発着は230万人
空港利用は90万人
ロワシー60万、オルリー30万。 オルリーの利用も意外に多いのですね。

今年はバカンスの予算、いくらぐらいなのかしら??

c0186684_2105299.jpg

[PR]
by lyonnaise | 2008-08-02 21:34 | フランスでの生活 | Comments(0)

リヨンについて

リヨンは紀元前43年に、カエサルの副官であった、Munatius Plancus がローマ帝国領として作った都市です。
当時の名前は、Lugdunum です。(意味は数説ありますが、「光の丘」が有力のようです。)
当時は Fourvière フルヴィエールの丘の上が都市の中心でした。

その後紀元前27年に、時のローマ皇帝、アウグストゥス (でもフランス人は Auguste オーギュストと言う...汗)によって、capitale des Gaules ガリアの首都と定められました。
リヨンの人は今でもこう呼んでいます。

そして、リヨン出身で、41年(紀元後)にローマ皇帝となった、クラウディウス(Claude クロード...)により、48年に、Lugdunum の住民は、ローマ市民として認められます。
その際の演説文が、table Claudienne に彫られました。 (破片は Museé gallo romain ガロ・ロマン博物館蔵)
[PR]
by lyonnaise | 2008-08-01 12:55 | リヨンの歴史 | Comments(2)