Dentelles en voyage (展覧会)

今日はデモの日でした。
大学の独立化と高等教育の教師削減を進める政府方針に反対して。

ちょうど白バイが道を止めて(車が入らないように)いたので、眺めてみると、
遠くから大勢がスローガンを叫びながら歩いて来ていました。
写真を撮りたかったのですが、アポイントの時間が迫っていたので(涙)、遠めで見ただけでした。

話によると、20時からの大統領のTVでの話に合わせてもデモの予定もあるとか。


織物美術館の企画展オープニングに行ってきました。
Dentelles en voyage 「旅するレース」(直訳すぎ?)
Retournac レース美術館(Le Musée des Manufactures de Dentelles de Retournac)との共同開催です。
※ Rerournac はリヨンの南西、サンテティエンヌのさらに南西にある町です。


c0186684_7112463.jpg
美術館本体では大きな展覧会開催中なので、別のスペースで行われていました。

レース美術館の人が説明してくれているのですが、狭い会場に一杯の人で、作品に近寄れません。。

終了後、会場を移動する前にざーっと眺めました。
16世紀のものから現代まで、一点ずつぐらいですが、美しい手編みのレースたち。
工程の説明や、はがねでできた大きなレースの下図などもありました。

じっくり工程の説明を読みながら見たい展覧会です。



今日は美術館本体に移動してオープニング。



主催者側の挨拶の途中で照明が真っ暗に。
演出ではなく(笑)、トラブルだったようなのですが、一瞬のざわめきの後、誰かが「シー」と言って、
挨拶していた人はそのまま平然と挨拶続行。
長々としゃべり続け、その間に無事復活しました。 おみごと!

しかしフランス人はみんな、メモも持たずにペラペラと長い時間挨拶できますね~。
メリハリがある。
そして、しゃべり過ぎない。
結構、「空気を読める」人が多いですね。 全員じゃ~ないですが。(笑)

今日のアペリティフは、レース美術館がある地域のスペシャリテ、verveine (辞書によるとクマツヅラ)入りのカクテル。そしてプチフールとチョコレート。
変わっていたのは、verveine とmyrtille ブルーベリーを使ったマカロン風のお菓子。緑と紫2色ずつで色が美しかった!
verveine はディジェスティフとして飲まれるそうです。
チョコレートはAOC。チョコレートのAOCは全然知りませんでした。(今回のも地域名聞き漏らしたのですが。。汗) アーモンドが丸ごと入っていて美味でした。


Musée des Tissus
34 rue de la Charité (2e)
http://www.musee-des-tissus.com/
2月5日~3月22日まで(月曜休み)
[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-05 22:51 | 美術・文化 | Comments(0)

立春

午後は特に、まさに「立春」という日和でした。
真っ青な空を見るとうれしいな~

と思いながら、写真を探したら、青空の写真撮ってない。。(汗)
ふぅ。
考えてみると、チャリチャリ走ってる時はなかなか撮れないし~。


c0186684_7371774.jpg
夕方、延ばし延ばしになっていた、調べ物に Archives municipales (古文書館?)に行って来ました。
元クラスメートは結構通っていましたが、私はここで調べ物をしたことはなかったので、初めて入りました。(汗)


入り口で用件を言って聞いてみると、誰でも入れるけれど、利用者カードのようなものを作らなくてはいけません。
身分証明書(滞在許可証で可)を出せば該当フロアですぐに作ってくれます。(※無料)
その前に、コートやバッグはロッカーに入れて、渡された透明ビニール袋に必要なものを入れて持ち歩く形式でした。
さらに、毎回行く度に名前を言って登録するシステムのようです。
図書館よりはセキュリティがしっかりしていますね。


近代的な建物とはうらはらに、階段は年代を感じさせる美しい造りでした。
写真を撮りたかったのですが、ロッカーのバッグの中。。
それより、撮ってもよいものかどうかわかりませんが。(笑)



パソコンの文書整理をしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。。
今日こそ12時に寝ようと思っていたのですが.....絶対に今日中に送らなければいけないメールも数件あり。(ブログ書くな~)



リヨンの名物を載せておかなくっちゃ~。。

c0186684_7375142.jpgc0186684_73884.jpg
Cervelle de canuts カニュの脳みそ というグロテスクな名前ですが、フロマージュブランにハーブを加えたものです。
※カニュというのは、絹織物業に従事していた職工で、劣悪な環境で作業していたので、1830年代に暴動を起こしました。


リヨン名物で、郷土料理のお店 Bouchon では、前菜によく出てきます。

小さなパックで少ないかと思ったのですが、3回分ぐらいありそうです。


Cervelle de Canuts のレシピ(一例)

材料 4~6人用:
フロマージュブラン 300 g
エシャロット 1個(みじん切り)
チャーヴィル 10 g (刻む)
シブレット 10 g (刻む)
生クリーム(液体) 250 cl
ピーナッツオイル 6 cl
ヴィネガー 6 cl
塩胡椒(ミルで挽いたもの) 

手順:
1)液体状生クリームをサラダボールに入れて、10分間冷凍庫に
2)別の大き目のサラダボールに、フロマージュ・ブラン、みじん切りエシャロット、刻んだハーブ、ビネガー、オイル、塩胡椒して、良く混ぜる
3)冷凍庫からボールを出して、泡だて器で固めのシャンティイーを
4)(シャンティイの)スプーン2杯分をフロマージュブランの方へ入れて、泡だて器でよくあわ立て、
その後、残りのシャンティイを全部入れ、ヘラでそっと切るように、持ち上げるように混ぜる
5)丸い型(Téfal か Flexipanの)に入れて、少なくとも3時間冷蔵庫で寝かせる

盛り付け:
美しい丸い皿に、型から抜いて、周りにスティック野菜を飾る
セーグルパンとバターと共に

Bouchon では、サラダ菜の上にドン!と乗って出てくることもあります。
[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-04 23:31 | 四季 | Comments(0)

節分

今日は一日雨!!
どうせなら雪が降って欲しいなぁ~。
昨日からニュースでパリの雪景色を眺めながら、美しい~☆とため息をついています。(雪大好きっ子)
最低気温がかろうじてプラスだから無理かなぁ。。
明日も雨の予報なのに、2~11度って言っていたけど、本当にそこまで上るのかしら?


フランスでは一月末に南西部を中心に嵐(暴風雨)があったのですが、
名前がつけられているというのは今回初めて知りました。
アメリカのハリケーンみたいですね。

今回は、Klaus クロース。 1,4 milliard d'euros (115円として1600億円強)の損害だそうです。
※TVニュースでは1,2 M と言っていました。どっちが正しいのかな?
1999年は、Lothar ロター Martin マルタンの2つが来たそうで、7 M euros (約8000億円)、
保険会社に請求があったそうです。
普段儲けている(?)保険会社もいざ何かあると大変ですね。


今日は節分。
Let's go Jun さんのお土産袋に、豆が入っていた~☆

c0186684_5405159.jpg
c0186684_5412263.jpg
フランスで豆まきができるなんて!
ってことで、
アペリティフは豆~☆ (まかないの?)


楽しいのは、小さく言葉が入っているのですが、
「豆をまく声にも春の響きあり」
いいですね~。


年の数だけ食べるなんて、無理~。。なんて思っていたのですが、豆っておいしいですね!
おいしい豆なのかしら?
ありがとうございました!
残りは引越しを済ませた(はずの)友人にあげようかな~

年の数(数えの)だけ食べると無病息災というのは、だんだん年齢と共に固い豆をたくさん食べるのが難しくなるから、
それだけ食べることができるというのは、すでに健康な証拠っていう気もするのですが...ちょっとうがった見方かしらん。。


c0186684_5421921.jpg

前菜?は茹でるだけの bulot 貝です。

茹でて売っているので、温める程度。塩味は(海で)ついているし、楽ラク~☆

今回は、なにやらわからない、ミニ貝が入っていました。
なんだろう??

貝は、パンが進むというよりは、ご飯が進む味かも。。
と、パンを食べながら、冷凍庫のご飯に頭が行くのでした。。



1月も終わったから、カードを片付けましょう。
c0186684_6562746.jpg
[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-03 21:37 | 四季 | Comments(2)

休憩~☆

昨日からサロンパスのお世話になっています。。
何が原因だろう? 運動不足?
最近ラジオ体操も1回ぐらいしかしてないしなぁ。(ちがう)



c0186684_5312869.jpg

先日 Sirha でゲットした、カプチーノ用の泡立てミルク?クリーム?
愛用中です。
ムース状に出したものをレンジで5秒ほど「チン!」してコーヒーの上に乗せます。

ミルクを電動泡だて器でムース状にした時よりも、チョコレートパウダーを振った後に泡が消える速度が遅いのがうれしいです。
クリームの味がします。


イタリアのカプチーノが飲みたいなぁ。



c0186684_5334877.jpg

[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-03 21:15 | 日常 | Comments(0)

pâte de fruits

早起きしたのに、一日って速く過ぎてゆくものですねぇ。。
2月は逃げる。 逃げないでぇ~~

先週、外出が多くて野菜をほとんど消費していないことが判明して、
今日のマルシェはパスしました。

代わりに(?)レ・アルに行って、先日の coupe de monde patisserie で金賞の
フランスチームの一人、(と、haruyo さんに教えて頂いた)のお店の
「ウチのスペシャリテ~」とマダムが力説していた、pâte de fruits を買ってみることに。
さすが日曜日、レ・アルはとても賑わっていました。

c0186684_8532755.jpg
Clostan
2箇所あって、メインはこちらのお店です。

壁には優勝した時の写真が引き伸ばされて飾られています。
お客さん、増えてるのかな~。(笑)




c0186684_8535727.jpg
こちらはトレッター部門だそうです。
負けじと(?) 「Clostan Traiteur のシェフパティシエ、Jérôme Langillier が、お菓子世界大会のチャンピオンになりました~」
みたいな幕を掲げています。

こちらで買いました。












戻って、また料亭の味を食べようと思ったのですが、せっかくおいしいものを食べるなら日本のお米がいいなぁと思って、
日本食材店、「かづき」にお米を買いに~
ついでにお味噌も仕入れました☆
c0186684_855177.jpg
やっぱり日本のお米はおいしい!

c0186684_9103913.jpg
しば漬けちりめん! 
生姜とミョウガが効いていておいしい~

これまでイタリア米も捨てたものではないと思っていましたが、味はかなり違いますね。。

問題は(?)おかず。
野菜の煮ものかな~?と思ったら、
お醤油がないことに気づきました。。
日曜の午後はどこも閉まるんですよね~。。

ってことで、(?)、具だくさんお味噌汁っ!
アンディーヴに卵に探し出した、「おみそ汁の具」。 賞味期限が2009年1月10日でしたわ。(笑)
まぁ、乾物の一種だから~。
お味噌買ったから消費は早いはず~
山椒をたっぷりかけて食べたら、卵も入っていたし、ぴったり。

でも、終わってしばらくデザート食べられず。(舌がしびれてるから。笑)

c0186684_857262.jpgc0186684_8574263.jpg
ケーキの箱に入れてくれた?
長いのをそのまま入れたから、はみ出てたのですね。(笑)















c0186684_859575.jpg
pâte de fruits
お店では、赤いフルーツと白いフルーツどっちが好き?って聞かれて、赤が好き。って答えたら、赤い(ワインカラー)のを試食させてくれた(☆) のですが、戻って食べてみたら、白い(というか、黄色ですが)のが、結構おいしかったです。西洋梨とか、オレンジ系とか。

しっかりとフルーツの味がします。ゼリーと言っていいのかどうか、よくわかりません。







まったりしていたらつい本に手が出て、予定が全く進まない、部屋も片付かない週末なのでした。。(汗)


日本食材店 【かづき】
35 Cours Gambetta (3区)
04 78 60 75 04
9h30-13h, 14h30-19h
定休日水曜 ※日曜は12hまで
[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-01 23:59 | おいしいもの | Comments(2)

Les Halles de Lyon Paul Bocuse 中央市場

リヨンのレ・アルは、結構広い建物で、有名どころのシェフたちも食材を仕入れに来られることで知られています。
c0186684_933456.jpg

元は、Cordorier にあったのですが、手狭になり、1960年代末に現在の広い場所に移りました。
数年前から改装が行われて、2007年末にようやく(笑)工事が終わって、建物もきれいになりました。そして、ポール・ボキューズさんの名前がつきました。

あらゆる食材(野菜、肉、魚、パン、お菓子、お惣菜、瓶詰め食品、ワイン、イタリア食材 + レストラン、牡蠣屋さん)が揃っていて、歩いているだけで楽しい場所です。

普段は写真は撮らないのですが、先日パリのHaruyoさんと一緒に回っている時に、
「観光客だし~☆」と言いながら少し写真を撮りました。

c0186684_16162717.jpg

新しくできた(移転かな?) Richart










c0186684_16165682.jpg







お菓子の構成の説明がついています






c0186684_16172381.jpg

ガレット(Sève)
薄いのに、飾られていたフェーヴが大きかったです。

本当に入っているのかしら? と言いつつ熟視。

ここはさすがにお高いガレットでした。大きいのが30ユーロぐらい。







c0186684_161831.jpg

休憩のスタンドカフェ

Le fer a cheval 馬の蹄鉄?

日曜は人が多いですね。






写真の数は少なかったです。
やっぱりちょっと気恥ずかしい。(笑)


Les Halles
102 cours Lafayette (3e)

7h-12h, 15h-19h
日曜は12時まで、月曜休
(レストランは、22h30頃まで。日曜夜休み)




その後、メトロで移動するために、Place Guichard (広場)に移動したら、通常のマルシェ(青空の)が開かれてここも賑わっていました。

c0186684_16183481.jpg

おもわず、かわいい~☆ と立ち止まったら、「うさぎかい?」と言われ、
「ううん。写真撮りたいの~」と撮って、はたと気づくと、
これは食糧だったのですね。。 まさかこのまま売られているとは。。(大汗)
[PR]
# by lyonnaise | 2009-02-01 08:11 | リヨンのお店 | Comments(0)

パンの大会 Sirha

先日の Sirha でのパンの大会 Mondial du Pain

11カ国が参加したそうで、
1位 フランス
2位 スイス
3位 イタリア
でした。

持ち時間9時間(前日1時間、当日8時間)で、世界のパン、ヴィエノワズリー、アート的な作品、サンドイッチを作って、
審査員たちが試食して、美的感覚も裁量に入って(きっと)順位が決まります。

審査が終わって、各国のパンが外に並べられました。


c0186684_8413497.jpg
フランス 

エッフェル塔にワイン樽にワインに.....
写真、ピンボケです。。
エッフェル塔、上が切れています。。(汗)

終わった後は写真の順番待ちがすごかったのです。。














c0186684_8415451.jpg
スイス

ヴィエノワズリーのプレゼンテーションが美しいですね~

















c0186684_842145.jpg
太陽いっぱいの国、イタリア

シチリア出身の選手なのですね

パンの紹介の太陽がかわいい
















c0186684_8425175.jpg
日本のアート系作品


















c0186684_843923.jpg
ちょっとピンボケ







このコーナー、日本人、とっても多かったです!
たくさん応援に来られていたのに、残念でした。











あぁ~、1月が終わってしまったのねぇ。。 
速い。速すぎる。。
[PR]
# by lyonnaise | 2009-01-31 23:59 | 季節イベント | Comments(0)

M Restaurant

リヨンで有名なシェフの一人、Mathieu Viannay さん(2004 MOF)が、プロデュースする新しい感覚のビストロ。(あ、でも名前にレストランと入っていますが。。お店の説明にはビストロとあります。)
シェフは元 Leon de Lyon の Julien Gautier さん
ここでの楽しい食事会に参加する機会がありました~

アペリティフにボージョレの vin mousseux (発泡性ワイン)を頂きながら
ついつい話しに熱中(聞く方に?)してしまいながらも、carte を熟読。
本日の menu 25ユーロ お手頃!
前菜2種、メイン2種、デザート3種の中から選べるもの
あれ?チーズあったかしら??(記憶にない。。汗)

c0186684_4391683.jpg
前菜に私が選んだのは、Velouté de potiron かぼちゃのポタージュ
よく聞くけれどすぐ忘れる産地の生ハムが乗っています。
意外にカレー味でした。
中には栗がゴロゴロ入っていておいしかったです。
スープおかわりしたかったなぁ。



c0186684_4394830.jpg
メインは、marmite de cochon 豚さんの煮込み 
奥に並んでいるのはポテトです
とっても美味!



c0186684_4421521.jpg
でも、魚もおいしそうで。。
思わず写真を撮らせてもらいました~(笑)
ひと口頂いたら、ソースがおいしかった。

普段あまり食べられない、お魚にすればよかったかなぁ~~



c0186684_4401430.jpg
デザートは、ショコラのスフレは10分かかると書かれていて、スフレを頼む場合は料理と一緒に注文をと言われました。

おいしそうで思わず注文したのですが、他の人の質問に答えた maître が、
「えぇ、マドレーヌは Mathieu Viannay のスペシャリテです。」
「えっ?!」
「すみません。マドレーヌに換えてくださ~い☆」

しっとりして、甘くておいしかったです☆
しかも3つも! あ、アイスはフロマージュブラン(あれ?この味は??と聞いて教えてもらいました。(メニュー見てなかったの~?)
量的には、2つぐらいでちょうど良かったですが、(一つでという声もあり。笑)
おいしかったので、完食です!

c0186684_4405899.jpg

でもカフェが必要~(笑)

写真を見るとイタリア風の量ですね。(全然覚えていません。。)


このレストラン、コストパフォーマンスがすごいですね!

あ、ワインは白と赤。テーブルの向こう端にボトルがあったので、何かはわからなかったのですが、どちらも飲みやすくておいしいワインでした。







http://cartesurtables.com/restaurants/restaurant_n-545.htm&lng=fr

あれ?これはお店のホームページではないですね。
レストラン紹介ホームページのようです。

M Restaurant
47 avenue de Foch (6e)
土日休み
[PR]
# by lyonnaise | 2009-01-31 20:31 | リヨンのお店 | Comments(2)

貯蔵の問題?

最近ときどき食べたくなる、ココット。
寒いときはあたたまりますね~

c0186684_954172.jpg

ほうれん草とソーセージのココット。
ひと口食べ始めたあと、ふと気づいて、神戸でhatsuminaさんに頂いてきた山椒を~

←これは山椒をかける前(黒っぽいのは胡椒です)

c0186684_955944.jpg

なめてみると、最初あまり山椒の味がしなくて、??と思ってたっぷり振りかけて、
次のひと口を食べようとしたころに、口の中で効いてきましたっ! ピリピリ
このぶどう山椒、時間が経つにつれて効きますね!


c0186684_955422.jpg

玉ねぎからねぎがこんなに元気に。。
これって、よくあることでしょうか??
芽が出るぐらいはありますが、ここまで立派に成長(?)したのは初めてです。
買ったのは.....1月10日かな。

それより、先週買ったりんごがすでに元気がなくなってきています。。(汗)
デザートに煮込むかなぁ~


c0186684_9581916.jpg

友人宅でデザートに出てきて、簡単だからやったら?と教えてもらったもの。
リンゴを削って、アーモンドクリームにちょっぴり生クリームを混ぜただけだそうです。
あと、レモン汁を絞って。甘くておいしかったです。
上の自家製オレンジコンフィは私には...難しいかも。。
[PR]
# by lyonnaise | 2009-01-30 23:59 | Comments(2)

ストの日

今日は大規模なストでした。8つの組合の内、7つが参加と言っていたように思いますが、
約250万人ということは、人口からすると25人に一人ぐらい?
参加者、かなり多いですね。

リヨンは.....どういう感じだったのでしょう。
ブロガーとしてはストの様子など取材に行きたかったのですが、かなわず。。
こもって机の片付けとか、溜まった連絡に精を出して(?)いました。


お昼はどうしてもパスタが食べたくなりました。
ツナ缶があるからトマトソースと合わせたら?と思って、それなら、Let's go Jun さんに頂いた黒七味をかけてみようと思いつき~
黒七味の説明書に、合うものとして、麺類や味噌汁にまじって、「トマトソース」も書かれていたのです。

パスタを茹でている間にいそいそと筒を出して詰めようとしたら、すでに中身が入っていた!
追加分をつけてくださったのですね!!(感涙)
はっ。賞味期限までに両方頂かなくっちゃ~。
いえいえ、七味は賞味期限を過ぎても薫り高さが残っていれば大丈夫ですものね。

c0186684_913948.jpg

味見をしたら、舌がしびれました。(笑)
黒七味は以前、京都出身の元同僚にもらったことがありますが、
こんなにピリ辛だったイメージがなく、(忘れただけ??)ちょっとびっくり。
トマトソースに合いましたね~。 新たな発見! 
出場機会が増えるかも、黒七味くん。







夜は友人宅に招いてもらって、日本に行く機会がある「かも」しれない人に、日本についてしゃべる会。
友人は何度も日本に行っていますが、とてもいい想い出を持っていてくれて、日本人としてうれしい限りです。

帰りは交通手段がないだろうからと送ってくれましたが、特に車が渋滞していることもなく。
もちろん通勤時間ではないし、平日なので、夜は混まないですよね。。
結局ストの様子はわからず。。(汗)
[PR]
# by lyonnaise | 2009-01-29 23:59 | フランスでの生活 | Comments(2)