タグ:フルヴィエール ( 10 ) タグの人気記事

遺跡を巡って



先月、ガダーニュ館で歴史系の講演を聴いた際、
会場で参加者挙手方式で時間と場所が決まった遺跡ツアー。


暑い日だったなぁ。
(最高気温36度。)


午前中だけど2時間半は歩く予定だったので
スニーカーで行こうと思ったのだけど、
暑くて、、、
参加者は(かなり)年齢上のはずなので
サンダルで!


c0186684_04520545.jpg
集合は丘の上の円形劇場

c0186684_04522853.jpg
公衆浴場跡を見て

c0186684_04531038.jpg
現在の St Just 教会(4つ目)の前を通って

c0186684_04535983.jpg
教会遺跡へ

c0186684_04545091.jpg
参加者たち。
ワンピースやヒールありサンダルの人も。
みんな元気ね~

c0186684_04552810.jpg
井戸を眺めて

c0186684_04555263.jpg
ローマ時代の名士のお墓のラテン語を読んで(馬耳東風)

c0186684_04563371.jpg
水道橋の跡

c0186684_04565927.jpg
説明を終えて颯爽と戻る先生

革靴だったわ!



体力増強がんばろっかな。



人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。

[PR]
by lyonnaise | 2016-07-02 21:50 | 街や建物など | Comments(0)

ローマ劇場でシルヴィ・ギエム



ギリシャ問題に目が釘づけになっていたら、
日本の新幹線で焼身自殺?!?!

信じられないー。
飛行機を墜落させたのに通ずる傲慢さ。
なぜ他人を巻き込む??

昔、車の免許を取った時、学科の講習?で教官が
「列車の事故だけは起こさないように。影響が大きいから損害賠償の額が半端じゃない。
しかも払えなくても親子三代にわたって保障させられる」と言って、
それだけは記憶に残っているのですが、新幹線も賠償額大きいのかな?

うーん。
しかし理解できないことが多い。
いつどこで何が起こるかわかりませんね!!

とりあえず、今日を大切に。 



さて、毎年フルヴィエールの丘のローマ劇場で
行われる夏のイベント

フルヴィエールの夜
c0186684_531326.jpg

これまでは写真撮影は禁止だったけれど、入場の持ち物チェックの際、何も言われず。
もう携帯の時代で、そんなことは言えなくなったのでしょうか。
携帯しか持ってなくて残念。
その代わり、ペットボトルのキャップを取られました。
凶器になりうるの?かな?


このイベント、なんと70周年だったそうです。
プログレ(地元紙)の写真集

コロン市長が登壇。(左側。右は司会者。)
c0186684_533446.jpg

「シルヴィが準備できるまでの前座です。」 
(笑)
「初回時のエドワー・エリオ市長の記念すべき演説を流します。
1時間半。」
に、みんな爆笑!
「3分に縮めましたから。」と言われ、長いなーと思っていたら
実際は1分ぐらいでした。(笑)
エリオ市長は最長期間務めた市長で、
コロン市長も長いので、それに関わるギャグも。
短い挨拶で何度も笑いを取るフランス政治家です。


開始は22時なので、暑さも落ち着いていい感じ。
9時半に着いて、ロゼを買って上ったら
c0186684_535845.jpg

すでにこの一番後ろの席。(前は満席)
その後来た人たちは横の方の席に案内されていました。


シルヴィ・ギエムは引退公演だそうで。
4日間の初日だったけれど、
終了後は
c0186684_54191.jpg

座布団の舞。貴賓席の後ろは緑のカーペットになっています。
ここは両国国技館?


日本もフランスも同じだね。
の、クリック~
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-06-30 21:35 | 季節イベント | Comments(6)

ローマ劇場でのイベント



体力勝負の日々が過ぎ、
ほっとひと息。
したら、ネット回線の様子がおかしい。。
Box の接触の問題かしら。
何度もつなぎなおさなくてはいけない。
このBox 何年使ってるかなぁ。
つながっている隙に更新。


フルヴィエールの丘の上には、フランスで最大級のローマ劇場があります。
そこでは、遺跡を惜しみなく(?)使い、
夏の間イベントが繰り広げられます。

「一般的」に、夏は日中暑く夜涼しくなるリヨン。
イベントは22時に始まるものが多いです。
もちろんサーカスなどは18時だったかな?こどもも見られる時間帯。
それにお昼のコンサートもあります。

今年は鼓童を観に行きました。

前日当日、雨。。
えーと。。

でも、夜には雨が上がりました!
ハイキング用の上下(雨OK)で出発。

30分ぐらい前について、中で売っているロゼを片手に
席さがし。
真ん中のあたりは意外に埋まっていました。

でも、ラッキーにも空いていた席。
隣は感じがいい日仏カップル!

上演中の写真は禁止なので、カメラの持ち込み禁止ですが、
セットは撮ってもいいよね~? iphoneで。

c0186684_15123269.jpg

舞台が雰囲気良く仕上げられ

c0186684_15125077.jpg

くつろいで待つ観客たち

ここで、
わかりますか?
一段おきに座ってるんです!

c0186684_1513941.jpg

もう一列座れるよね?

だから席が埋まってたんですねぇ。

まぁ、せっかくのイベントだから、みんなくつろいで観たいのかな?


舞台は、
いや~~、素晴らしかったです!
技術だけではなくて、大太鼓って体中使って打つじゃないですか、
あの体力、動きのしなやかさ、舞台替えの際の忍者のような動き。

もう、やんやの喝采でしたね。

ただ、フランス人、褒めたい気持ちはわかるんですが、
「余韻」という観念がない?
終わったら、3秒、いやせめて2秒は余韻を楽しみたいじゃないですか?
0.3秒ぐらいで拍手ですからねー。
最初はフライングしてる人もいたし。。(おまけに掛け声つき!苦笑)

ちょっと残念。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-07-28 07:50 | 季節イベント | Comments(4)

今年の文化遺産の日の顛末



半月ほど前にあった、ヨーロッパ文化遺産の週末
楽しみにしていたのだけど、結局ほとんど行けず。


フルヴィエールのバジリカ聖堂のモザイクについて聞きに行くことに。
Vieux Lyonのフニクレールの駅に着いたら、ものすごい行列。
これは間に合いません。

ということで、ローマ遺跡側に乗って、
c0186684_531758.jpg

コンサートを聞きに来た人で賑わう遺跡を横目に、フーフー坂を上って
ジャストに到着。

c0186684_5315111.jpg

ものすごく楽しそうにペーラペラペラお話しして下さるマダムの解説を楽しむ。

いや、楽しんだのですが、でも、
歴代リヨン司教の名前や功績を一人ずつ挙げてくださっても、
馬耳東風。


c0186684_5324043.jpg

ギューギューのフルヴィエール線を避けて、階段を下りて戻りましたとさ。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-10-02 23:55 | 季節イベント | Comments(2)

バジリカ聖堂の塔の上より



毎日体重を記録するだけで、脳が潜在的に作用して食べる量などセーブし、やせる。
というのを何かで読んで、
ウエストダイエット。毎日測ってメモしています。
一週間ほどたった今日。測ろうとしたら、パチっ!
メジャーの金具が飛んで、壊れました。。

えーと。。
毎日地道にお腹をひっこめながら歩くかな。



フルヴィエールの丘の上の白いバジリカ聖堂。塔に初めて登りました。
まだ暑かった頃。


4本ある塔を渡り歩くので、内部も見ることができます。
c0186684_5182078.jpg


c0186684_5185840.jpg

きゃ~、よく見える~。などと思いながら歩いていたら、

いよいよ外
c0186684_519195.jpg

おぉ。聖母マリア像が近い。

c0186684_5194366.jpg

一段高いところにいるガイドさん
風もある日だったけれど、慣れてるから怖くないそうです。

c0186684_520878.jpg

よく見えるなぁ。雲があってモンブランは見えないけど。

c0186684_5203241.jpg

大天使ミカエルの雄姿 「お助けくだせえ。」(龍より)

c0186684_5205846.jpg

慈愛に満ちた聖母がミカエルをなだめ、もとい、リヨンの街を見下ろしています。

c0186684_5213857.jpg

一番好きな写真です。
龍のしっぽがかわいい。(そこ?)

c0186684_5222471.jpg

行きはよいよい帰りは、こわいよ~。(手すりからカメラだけ出して撮った)

そういえば、高所恐怖症なんでしたわ、わたくし。(たぶん)


聖堂の専用ガイドさんについての見学。14時半と16時(季節により変更有)
直接行ってその場で申し込みです。
様々な見学ツアーはこちら



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-08-31 21:57 | 街や建物など | Comments(4)

フルヴィエールの丘に歩いて登る



というのも一つの選択肢です。

今日は白い空ですが、
登ったのは7月中旬、真っ青な空


c0186684_1848826.jpg

この美しい青空に白いバジリカ聖堂を見ると登りたくなりますよね~
(だからって、歩いて登らなくても)



そうですね。これまで5回ぐらい歩いて登ったかなぁ。
それでは行ってみましょ~

旧市街の一角にある階段を上ります。

c0186684_18483919.jpg

途中で休憩しつつ、上ると大聖堂が下に見えます。

c0186684_1849936.jpg

道を少し上がると入口が。この左側の山道をクネクネと道なりに。

c0186684_18494286.jpg

途中ショートカットできる階段もあります。私を追い抜いたムッシューは迷わずスタスタと。

c0186684_18503387.jpg

私はこっちね。

c0186684_18513992.jpg

あじさいが綺麗でした。

c0186684_1851110.jpg

奥にはベンチもあって、日陰の涼しい場所で休憩できます。


展望台に到着~

c0186684_18525838.jpg

正面ではライオンが待ち構えています。(違)
数年かけて行っている修復。今は内部の大々的な修復中ですので、下の階の礼拝堂に通じる階段が開いています。



きちんとした服装の家族が入ってきました。
長袖を着るような気温の日ではなかったのですが。
子供が5人。上は高校生から下の二人は幼稚園ぐらいかな。
(つまりは敬虔なキリスト教徒、もしくはそれだけ養える家族ということですね。)

お父さんの態度が素敵でした。
ちょうど近くで座って休憩(笑)していた私は、教会の写真を撮るフリをして隠し撮り。

c0186684_1854281.jpg

子供たちに好きな色のろうそくを選ばせて(トリコロールの3色)
小さい子から順番に、好きな場所に置かせます。(小さい二人はだっこして)

c0186684_18545434.jpg

一巡したら、今度はまた順番にろうそくで火をつけさせます。

一人一人説明してなので時間がかかりますが、とても穏やかな表情とほとんど聞こえない声で説明していました。


こういう家族で育つと穏やかな子になるよね
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。

気仙沼ミサンガ応援してます。


ブッフ・ブルギニョン、もとい、赤ワインがないから、普通の煮込み、仕込中
[PR]
by lyonnaise | 2012-08-05 11:23 | 街や建物など | Comments(4)

しばしの間


リヨンを離れるのでブログをお休みします。

リヨンらしい画像を載せておきますね~


c0186684_641970.jpg

フルヴィエールの丘の上のローマ遺跡から街を臨む


c0186684_6414347.jpg

音楽堂のオデオンです。
隣に大きな円形劇場があります。20世紀前半まで埋もれていたために、保存状態がとても良い遺跡です。

こういう劇場が二千年前に造られたことを思うと、古代ローマ人の凄さを改めて感じます。


6月にはここで「フルヴィエールの夜」のイベントが始まります。
晴れた暑~い日の夜に涼しい風を感じながら、というのが最高です。

日中ちょうどいい気温の日は、夜寒くなるのです。。

しかし天候は前もってわからない。予約は見切り発車。


今みたいにね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


公益法人になった福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2012-04-24 00:10 | 日常 | Comments(2)

夏のイベントは Nuits de Fourvière


シチューを待っている間にブログ~
仕事も待っているのですが、
週末ですから~☆(これこれ)

あっという間に7月もあと一日ですよね。。


先週末にフルヴィエールのイベントに行って来ました。

毎年夏に丘の上の古代ローマ劇場で
コンサートやダンス、映画、オペラなどが催されます。
今年は東京バレエ団のベジャールにちなんだバレエも。
これは知った時には満席で...残念!!!
観たかったなぁ。。

私が行ったのは、エディット・ピアフ、ナイト。
カナダ人歌手によるピアフの曲のコンサート、
そして映画 La Môme の上映です。

c0186684_4391678.jpg


写真は肖像権の関係で禁止なので、
コンサート終了後、映画の上映準備を
しているときに会場の様子を撮ったもの。


ピアノがすばらしかった。
パンフレットには名前がないけれど、トーマスなんとかさん。
ノリノリで弾いていました。
途中で一人のマダムが「ピアノ、強すぎ!シャンソンが聴こえないわ!」
って叫んでいましたが、
私としてはピアノを聴いているほうがよかったなぁ。(笑)


オデオンと呼ばれる小さな音楽用の劇場の方でした。

コンサートの後、スクリーンを下ろして映画館にするのが
なかなか本格的ですごかったです。



コンサートは21時から
映画は23時から。

この日の予報は、最高気温が22度。
暑い日でも深夜は涼しくなるのが常ですが、
かなりすごかったです。
長袖コットンジャケットを着て薄いニットを持参しましたが、
首にニットを巻いても、さぶい。。

終了した1時過ぎには、
ロボットみたいに歩いていました。


夏は8月までなのにこの催しが7月末で終了なのは、
これ以上寒くなってはいけないから?


いや、担当者がバカンスに出かけるから。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2010-07-30 21:17 | 季節イベント | Comments(2)

フルヴィエールの丘からの雪景色


c0186684_3315910.jpg




銀世界~☆




と思ったのですが、

カメラマン魂を持った人なら、
昨日訪れていたことでしょう。

解けていましたよ。。
おかしいなぁ。気温マイナスなのに。



c0186684_3323223.jpg






びっくりしたのは、
こういう日にも、
徒歩で上がってくる人がいたということでした。




カメラを出したのが遅くて通り過ぎちゃいましたが。





c0186684_333211.jpg








パネル(建物などの表示あり)を独り占めできるなんて、
またとない機会です。







c0186684_333457.jpg







大天使ミカエル(仏語読みミシェル)くんも雪のリヨンを見下ろしています。








メルシー・マリーの文字はまだつけたままなのですね。







c0186684_334264.jpg








この場所を独り占めできるなんて~。



いや、3人占めでした。







c0186684_3345744.jpg






クリスマスツリーによさそうな木ですね。





ロングコートに分厚いマフラーに手袋、帽子の
フル装備で行きました。
足元はスニーカーですが。。

雪用のふわふわのブーツを履いている人も結構いました。

でも、普通のブーツや革靴もいるし、
なんと、ヒールのある靴を履いたマドモワゼルも!


転ぶ危険を冒してまでもオシャレが一番なのね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ

冬用の靴がなかったのかな。(バシッ!)
[PR]
by lyonnaise | 2010-01-11 19:10 | 四季 | Comments(2)

フルヴィエールの丘の上のローマ遺跡

ローマ人によって紀元前43年に建設(?)されたリヨンの街
Capitale des Gaules (ガリアの首都)と呼ばれてきました。
建設(?)当時はLugdunum (ラテン語で光の丘)という名前でした。

ローマ人が街を造った頃の名残
c0186684_23474581.jpg
オデオン劇場 
小さいほうの劇場で、音楽に使われていたものです。
まずはこちらに登って、そこから右に隣接する












c0186684_23482674.jpg

大きい円形劇場を登ると 

街が見渡せます。 ゼイゼイ












しかし、当時の復元図によると、緞帳、そして舞台の前に大きな分厚い壁があったそうです。
街を見渡そうなんて考えてなかったんですね。
というか、屋内劇場だったようです。 へぇ~
[PR]
by lyonnaise | 2008-10-05 23:59 | 街や建物など | Comments(0)