タグ:蚤の市 ( 10 ) タグの人気記事

マルシェかごは蚤の市で



週末は天気が悪くて気温も低い予報。
本当に毎日コロコロ変わる。
でも来週は暖かさが戻る模様。
それより、晴れて欲しいよね。

PCの動きが遅くなってしまって、
履歴削除したりファイり整理したり。
その合間にも熊本や大分の様子をつい検索するから
よけいにスピードが落ちるのかも。



さて、先日は久しぶりの蚤の市。
Puces du Canal

お店のチェックに。

c0186684_01085701.jpg
みんな楽しそう。
c0186684_01094351.jpg
と思いつつ歩いていたら、
かご発見。


そういえば、マルシェかごが
ちょっと大きすぎるのと、くたびれてきているので
新しいのが欲しかったの。

かごって意外と高いのよね。

それに、市内のマルシェにかご専門店が来なくなったし。

建物の中のお店は様変わり。
半分ぐらい変わったのかな。(いつと比べて?)
ちょっと地味になったような感じ。


一周してからは、
かごに熱中。

やっぱり最初のお店で、ムッシューに値段を聞いたら
「5ユーロ」
即決!

c0186684_01141659.jpg

今日は初めてマルシェで使用。
買い物に行くときより、
野菜保存用にいいかも。

肩から釣れないから。
パンパンになるまでは買わなければいいのね。


あ、そうそう。
野菜屋さんは来週は休むと言っていた。
木曜が祝日だからpontして(橋を渡して)出かける人が多く、
お客さんがほとんどいないから。


みんなよく休むね。
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。




被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。


[PR]
by lyonnaise | 2016-04-30 18:01 | 日常 | Comments(0)

リヨンの蚤の市



今日じゃないよ~
もう午後に日向なんて55秒が限界!

それは先週、
まだ最高気温が30度で太陽が心地よく感じられた日。

久しぶりにキャナルの蚤の市へ。

蚤の市は現金がお約束だけれど、
小切手を握りしめて、レッツゴー!
(フランスの小切手は、手数料不要なので1ユーロから使える)


出展者たちのブランチ
c0186684_1105497.jpg

アンティークでおしゃれなワインボトルだわ~
朝だけど(笑)

私はパン屋さんで
c0186684_1172828.jpg

c0186684_1111543.jpg

二度目の朝食


奥の建物は7月中旬まで閉まっていて、
青空市とパッサージュ。
c0186684_1115528.jpg


このなかには
c0186684_1121677.jpg

お手洗いも両側にできていました。

右奥にはアーティストスペースみたいなのがあって、

c0186684_1124456.jpg

レストランコーナーもいくつか。



欲しいお皿があったけれど、
8枚セットと言われ。。

結局なにもゲットせずに戻って、

前回クロワルッスのブロカントでゲットしたお皿で
c0186684_113161.jpg

冷やし中華風そうめん

c0186684_1131673.jpg

ごまだれ~☆


買ったものから使わなちゃね。
の、クリック~
人気ブログランキングへ
応援、ありがとうございます。



被災地支援 CIVIC FORCE 応援しています。

福島原発行動隊 応援しています。
[PR]
by lyonnaise | 2015-07-05 18:06 | 街や建物など | Comments(10)

リヨンの蚤の市


もう9月ですね~。

朝起きて窓(外のヴォレ)を開けても電気が必要という、、、
さみしい時季になりました。

さて、ひさしぶりの蚤の市。
いや、今月2回目だけど。

今日は、曇り空。
昨日と予報気温が同じだったから、同じような恰好で行ったら
さぶい。。
太陽の威力は大きい。

ノースリーブの人も結構いましたけどね。
長袖にブーツもいましたよ。

今の時期はいろいろね。


c0186684_615333.jpg

青空市(日曜のみ)もあれば
c0186684_6142936.jpg

アーケードのお店もあり
c0186684_6144915.jpg

奥の建物はアンティークがメインの常設店(木、土もオープン)


途中カフェでエスプレッソとクロワッサンを頼んで
2,30ユーロと言われた時には、さすが蚤の市価格だと思いましたね。
これがまた大っきなクロワッサンだったし。

品物はいろいろ~。
大きな家に住んでいたら欲しいものはたくさんあるんだけど、
チョコっとだけね。

カフェでお財布を見たときに、
紙幣が5ユーロ1枚だった時には
自分の計画性のなさを再認識しましたね。

蚤の市に来るのに、なぜにお財布に現金を入れない??

まぁ、カードは無理でも小切手使えるから、買えなくはないんですけどね。
でも5ユーロ以下のものを買うのに小切手はねぇ。。。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-08-31 23:02 | リヨンのお店 | Comments(4)

蚤の市 Puces du Canal



リヨンの中心地からちょっと北東に行ったところに
ピュース・ドゥ・キャナルという蚤の市会場があります。

常設部のオープンは木、土、日だったかな。
メインの(?)青空市は日曜の朝のみ。

c0186684_781540.jpg

ずら~っと、広い場所に所狭しと並びます。
ちょっとお高いプロのアンティークのお店もあれば、家のガラクタ?というお店もあり。

ぐるぐる回って、ちょっとカフェで休憩。
また繰り出す、という感じ。
カフェでは出店者たちも休憩しています。(笑)

それより、出店者のみなさんは、テーブルを出してご近所さん達でパンとチーズにワインという光景も。
朝の10時ぐらいでしたが、早朝から仕事してるから、ひと休みよね。

蚤の市は見て回るだけでも楽しいです。

次回のブロカントのポスターが貼られていました。リヨンの旧市街で6月の7~9日。



戻ったら、断舎離の続きですよ~
c0186684_79960.jpg

MUIJのボックスを準備して。

押入れに手をつけたが最後、あと5回などでは到底終わらないことに気づきましたとさ。



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2014-05-08 00:07 | リヨンのお店 | Comments(6)

イベントの季節


c0186684_1395152.jpg



久しぶりに蚤の市

バスでの移動時はみんな不安。
「このバスは蚤の市に行くの?」
フランス人二人に聞かれて答えた。

その内一人のマダムが運転手さんに聞いたら
「いいや、marché aux puces には止まらないよ。」
疑いの目で見られた(笑)私が、運転手さんに聞いたら
「うん。marché du Canal には止まるよ。」

正式名称、Puces du Canal なんですけどね。

Canal を強調して聞かないと、別の蚤の市と勘違いされてしまう。
そこからみんなでワイワイ蚤の市談義。



おかげで(?)、運転手さんが停留所のしばらく手前で止めてくれて、
すぐに行けた。 ありがとー。


今日はゲット品なし。。(寂)


来週はMOF のChristian Têtedoie 氏とのコラボイベントがある模様。


戻ったらお昼すぎ。

今日は日曜!
お店は閉まってる上に、マルシェも閉まる時間だ~~


c0186684_1402488.jpg






レピュブリック広場へ直行。



アルザスイベントでサンドイッチでも~と思ったら、
マンスターチーズを乗せて焼いてるプレッツェル発見。
アルザスビールと共に食べて~






c0186684_140548.jpg






ここのマルシェはまだ開いている~

(こども向けの見世物小屋)




ビールのあとのシエスタ~~

至福のひととき




c0186684_1444195.jpg




ぬかりなく(?)シュークルートをゲット

楽しみ~~

c0186684_5523347.jpg

温めるだけでいいしね。
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


福島原発行動隊応援してます。
[PR]
by lyonnaise | 2011-10-02 18:35 | 季節イベント | Comments(2)

蚤の市 Puces du Canal


ひっさしぶりに行って来ました。
日曜日に。Puces du Canal
(青空市の部分は日曜の午前のみ。木曜土曜は常設部分)

ぽかぽか陽気で気持ちのよかった日曜日。
TCLのサイトで行きたい時間帯の
経路を確認して、レッツゴー!
必需品の、サングラス、野球帽、水持参で。


スタンドを見て回るのが楽しいです。
い~つも同じところにいる人たちもいれば
変わるところも。
とはいえ、たまにしか行かない私はあまり把握はしていません。

最初に足が止まったスタンドで
砂糖用のスプーンに目が釘付け。
でもここでいきなりお財布を開けるのは...ぐっとガマン。
「また来ます~」と言って、散歩続行。

欲しいものはいろいろ。
現金を少なめに持参してよかった~。(笑)

今回は、値段交渉はしないつもりで
つまり売値で欲しいと思うものだけを買うことに。
(まとめ買いや高いものは別)←私は安いものしか買わないから~


途中でお気に入りのカフェへ。
(おやじカフェです)

ぼーっとカフェを飲んでいたら
カウンターの向かいに座っているカップル
男性が白ワインで女性はパスティス。
しかもかなり濃い目の。日に焼けて。
マダム、カッコイイ~☆

飲み終えてお礼言って出ようとしたら、
テーブル席の人たちの目が一斉に。。(汗)

うーん。外国人が一人で来るのは珍しいのかな?


またしばし散歩。

箱に入った古めかしいキッチン用品と遭遇。

c0186684_19281833.jpg




お買い上げ~☆

使用用途を聞いたら
「アペリティフの物を入れるとか~。」
(え?)


ま、何でもいいや。





最初のお店に戻って、
「Re bonjour~ (またこんにちは)」
c0186684_19285291.jpg
スプーンを手に取って、周りを見ると
ふと、アイスペールが気に入りました。
でも、砂糖用だとか。
え?氷用では?と聞くと笑われて、
「そう使えないことはないね~。
でもね、当時は砂糖は大きな塊を割って
こういうのでつまんで使っていたからね。」

へぇ~。
1880年頃のものだそうです。


c0186684_19291923.jpg


私が気に入ったのは、
この、けもの足。

帝政時代の家具でもよくありますよね。
ライオンの足。

なんか見てるだけでかわいいもの。




で、どっちに使うの?
の、クリック、ありがとうございます~
人気ブログランキングへ


c0186684_19491293.jpg


えぇ、彼はこの中に
隠れておりますの。


謙虚な性格のようで。(ちがう)





戻ってシールをはがしたら、

c0186684_192953100.jpgc0186684_1945347.jpgc0186684_19452233.jpg


15? 31? 200??
最初はフランの時代ですね。
売れ残り期間、長っ! 

200フランと言うと、4000円ぐらい?
やったっ!
[PR]
by lyonnaise | 2010-08-04 12:03 | リヨンのお店 | Comments(2)

早起きして蚤の市

眠たくて、午前中いっぱい寝ていたい~。。
と思ったけれど、来週は行けないし、と、がむばっておでかけ。(ヨロヨロ)
メトロとバスを乗り継ぐので、バス停に行くと、
珍しくイラついた感じのマダムがいました。
(バスが本当に来るのかどうか信用していなかった。)

もう一人の平然としたマダムと私でなだめつつ(笑)、私は放って本を読んでいました。

10分遅れぐらいで出発して、いつもと違う方向に行くようだったので、
運転手さんに言って、近くで下ろしてもらった(ほっ)ら、
マダムが「あっ! 私もここで降りるわっ!」

蚤の市出展者でした~。
というか、室内の。
ちょっとしゃべって、「じゃ、後で来てね~。G4だから。G4ね~っ。」

律儀な私は、最後に顔をのぞかせに行きながら、
もしや?と、先輩夫妻と一緒に来た時のことを思い出しました。
攻撃的なしゃべりの営業(販促?)マダムがいたのです。
(最初、怒られたのかと思った。)

やっぱりそのお店でした。
帰りのバスに合わせて会場を出るのにあと5分しかない時だったので、
切り上げる理由もあるし、と寄ったらマダム不在。 ラッキー!


蚤の市は1時間半ほどで充分と思っていましたが、とんでもない。
あと一時間ほどいたかったですね~。


c0186684_2234087.jpg






今朝は寒かったです。
8~23度。最低気温が10度を切りました!

私はこの秋初めての皮ジャケット。

でも、今週はまた30度の日々が来るそうです。








c0186684_224114.jpg



















c0186684_2245596.jpg




ブログに載せると言ったら、桃子さんも言われていたように、
ちゃんとポーズしてくれました。


その後、後ろから話している声が。
「写真撮られちゃったよ~☆」







c0186684_2253618.jpg









このムッシューは、座るところが破れている椅子を2脚ゲット。
奥さまが何かを探しに行っているのを待っていました。

座って待てないしねぇ。(笑)




帰りのバスを待つ頃には暑くなってきて、ジャケットが荷物に。
あ、バスが15分遅れたというのもありますけれどね。

バカンス期の後の日曜日、みんな働く気がないなぁ~?




戻る途中で、Place Guichard のマルシェに寄って、
ぐるっと探して、1軒発見。


c0186684_2271975.jpg


日本のきゅうりに近いきゅうりくん!
長さは15~18センチぐらいです。

cocopuff1212さん、有難うございました~☆

ちなみにこの3本で0,65ユーロ

c0186684_2285852.jpg



もろきゅ~☆





c0186684_2292219.jpg

先輩にもらった、別のマーク、明星鉄板焼そば~☆
日清しか知らなかったです。

※先輩は、私がお願いするまで、やきそばでラーメンみたいに小袋のがあるとは知らなかったそうです。
そりゃ~、奥さまが本当の焼きそばを作って下さいますものね~。

このほうがいつものより麺が太いような気が。

かつおぶしもかけたら、やきそばだか何だかよくわからないですね。


あ、マルシェは Place Guichard はきゅうりだけ買って戻って、
かごをさげてローヌに行きました。


c0186684_230612.jpg

c0186684_2304622.jpg
















ひっさびさのお花

菊は、日本ではお墓や仏壇にお供え、というイメージですが、
フランスでは普通のお花と同じような扱いです。

とはいえ、Toussaint のお墓参りには大きな菊の鉢植えを持っていく人も多いですけどね。

選んでいると、一人のマダムが同じ色の束を買って行きました。

私の前のマドモワゼルは、
「ブーケにしてください~。」と白い菊を2束。。

うーん??

いや、綺麗ですけれどもね。


菊はお供え、というのは
日本だけなの?
の、クリックお願いします~
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2009-09-06 19:17 | 日常 | Comments(2)

土曜の蚤の市は。。

しょぼい。(笑)

青空市(って言うの?)は日曜しか来ないので、

日曜日は賑わうのですが


c0186684_14451684.jpg





ガラン。









c0186684_14455555.jpg








仕方がないので、パスカルくんに挨拶して、
(ちがう。パスカルは飼い主)

建物の中を散策。

今準備してます、みなさま。。



常設の方は、蚤の市というよりはアンティーク風。
家具やオブジェも少々立派なものが多いです。

閉まっているお店も多くて、扉の上を見上げると、
これまで気づかなかった発見も。


c0186684_14463899.jpg





昔のポストカードがきれいに貼られているところや、














c0186684_14471270.jpg





時計にも趣が


この時計たち、違う時刻を指しているのがいいですね~

平均すると...10h15ぐらいかな?




写真の撮影時刻を見てみると、9h50でした。。

ひとつ、合ってる!


写真を撮っていると、犬を連れたムッシューが後ろを通りました。

ムッシュー、スタスタと奥へ。

ワンちゃんは道を曲がる。(??)



c0186684_14474826.jpg



ワンちゃんのバーなんですって(笑)

常連さんなのね~





ぐるっと回って、私も外のバーへ~

ここが一番賑わっていました。(笑)

ワンちゃんを連れたムッシューが入ってきて、
みんなと握手して、クロワッサンを1個つかんで
カウンターへ。


ひと口ちぎり、ワンちゃんの口元へ。(かわいいな~)

食べようとしたら、ひょい。 (おいっ)

また口元へ。

食べようとしたら、また、ひょい。 (もう~~。)

「ムッシューっ!」

「え?」





「写真、撮ってもいいですか?」

「いいよ~☆」


c0186684_14483568.jpg



パンをもってグルグル回してくれて、
(笑って写真撮れず。。)

その後、みごとにキャッチ!


カフェのムッシューも

「有名人だな~」

ワンちゃん、うれしそうでした。(わからないって)



戻ったら、パソコンがまた動かなくって、
不貞寝。
アーンド、ローヌに読書タ~イム。

26度だけど、雲が多くて、涼しくてよかったですね~


でも、今日は31度だそうで。。


さぁて、開かずの間、じゃなかった、開いてるけど
手付かずの机。。
今日こそやらなくっちゃ~。。 z-z-z-


お! あは。 へぇ~。 ということがあったら、クリックお願いします~☆
人気ブログランキングへ
[PR]
by lyonnaise | 2009-07-12 07:25 | リヨンのお店 | Comments(6)

蚤の市へは帽子持参で~

Puces du Canal
先週末の日曜日に久しぶりに行ってみました。

8時前に出発。(やればできる)

バスの時間は季節ごとに変わるので、TCLのサイトで確認すると、
前回のトラムとの乗り継ぎとは違って、メトロとバス。
日曜は便が少なくて、さらに乗り換えの待ち時間が多くて、1時間弱かかってしまいました。。


着いたら、一路、眠気覚ましのカフェ。(あれ?)

この時間帯に休憩していたのは、出展者と朝早くから見に来ている常連さんっぽい人たちだけでした。 あは。
エスプレッソは1,20 さすが蚤の市価格?


歩いていると日差しが強くて、暑くて暑くて、日陰~~。 帽子~~。。
朝早いからとたかをくくった私の失敗でした。
だって、最低気温は16度の予報だったんですもの~。(日陰だけどねん)


出展者も、車の中に避難。


c0186684_14484862.jpg




運搬、美術館、避暑地、と一人三役(?)










c0186684_14493031.jpg






このマダムは読書中。

お客さんのムッシューが車の中に値段を聞きに行っても、そのままです。
のんびりしてて、いいなぁ~。


奥まで見て戻ってきたら、このムッシューはまだ話し込んでいました。


マダムは座ったままで、ムッシューが車の前に立って。(笑)










c0186684_1450950.jpg



ブリキ缶の懐かしいのがたくさん。



写真を撮っていると、ムッシューが一人見に来て、












c0186684_1451254.jpg






その後、周りからワラワラとムッシューばかり集まってきました。


ギャルソンだった頃のノスタルジーの念を誘われるのでしょうか。






もう少し見たかったのですが、なにせ、頭が熱くて。。

3本チェックしていた帰りのバス。
念のために追加しておいた、最初の10時すぎのバスで戻ってきました。 

戻ったらソファにフラフラ~バタ。


次回は絶対に帽子を持っていこう!


でも、明日なら涼しそうだわ。
今日は最高気温が22度。 明日も同じようです。。



明日は、Fête de la musique 音楽の日ですね~☆

この日は誰でも公共の場(広場や道など)で演奏してもいいのです。

夏至の日を楽しむイベント。
いや、夏の訪れを喜ぶイベント?
今年は涼しくてちょっと夏気分が薄れるかもしれませんが、暗くなるのが遅いので、夜まで楽しめます。


人気ブログランキングへ  記事が楽しかったら、クリックお願いします~☆ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by lyonnaise | 2009-06-20 07:25 | リヨンのお店 | Comments(0)

Puces du Canal

蚤の市、アンティーク、小道具の市 (木、土、日オープン)

前回行った時は、土曜日(木曜だったかも)で、人は少なく、お店は建物の中ばかりでした。
アンティーク(ちょっぴり高級)で、数が少ないというイメージ。
それに、場所がちょっと郊外で、バスの乗客があまり.....。

その後、「日曜に行かなきゃダメだよぉ~。それも朝一番にねっ。」と聞いたのですが、そのままになっていました。

暖かくなったし、夏に来る友人が興味を持っているので、行ってみました。
TCLで乗換えを見ると、日曜はバスが少ないし、トラム経由が一番早い。

TCL   このTCLの乗り換え検索(?)ページは便利です。

8時すぎのトラムに乗って、行ってみました。

お店が多くてびっくり。
まさに、ブロカントという、気軽な雰囲気でした。
高そうなものもあれば、ガラクタもある。
いい感じ~☆

c0186684_21475093.jpg

青空スペース(?)


















c0186684_21481215.jpg

屋根つきのスペース



















c0186684_21484497.jpg

建物の中

こちらは今日は、すっかり脇役でした。







観察していると、ここでは、普通お店で必要な礼儀は無用みたいです。
勝手に触ってもいいし、Bonjour も言わずに品物をお店の人に見せると、
「○ユーロ」と答えています。
へぇ~
値段を書いてある品もあれば、書いてないものも。(お店によっての違いだったかも)
ないものはお店の人に聞きます。



普段使いの安いお皿が欲しいな~と思っていたのですが、それ以外の物に目を取られ~~
でも、買わずに乗り切り(?)、
一ついいお皿をみつけました。
裏を見てみると、100ユーロ!
ひょえーっ!
リモージュの手製&手描きのお皿で、飛行機の初フライト記念のお皿でした。
そりゃ~ね~。。

もうちょっと気軽なお店でトリさんのお皿をみつけました。
絵がところどころ消えているけれど惹かれる~

裏を返すとリモージュと書いてある。。
どうしようかな~と思いながら他のお皿などを見ていると、
「ご質問ありますか~?」と聞かれたので、値段だけ聞いて見たら、
ちょっと離れたところで商談中の店主らしき人に、
「ミシェル!(フィリップだったっけ?) これはいくら~?」
そのムッシューは振り向いてお皿を見て、
「えーと、2 500ユーロ。」 (えっ?!)
「って言ったら、マダムが倒れるから~。笑」 (あー。ジョークか~)「あはは~。」と倒れる真似をしてみたら、
「5ユーロ。 いや、3ユーロでいいよ。」
お買い上げ~☆



敷地には、カフェやバーもあり、そこで食べたり、テイクアウトで食べながら歩いたりもできます。
ゆっくり見て回ると、一日楽しめそうです。

c0186684_21541127.jpg
キャナルのおいしいパン屋さん という標識もあるし。(笑)

チキンの丸焼きを売っている屋台もありました。
(でも、どうやって食べるの? 車で来た人が買って帰るのかな?)

c0186684_21494286.jpg
















カフェでワインや食前酒を片手に談笑中の人々をよそに、エスプレッソを一杯飲んで、
11時前のバスで戻りました。

ここのレジがアンティークで素敵でした。
(きれいに写っていませんでした。。涙)






ゲットしたお皿。よくみると、裏のリモージュというのは後でプリントした感じです。
c0186684_21594257.jpg
新しいし、表の絵と方向がズレてるし。
なぁ~んだ。
まぁ、そりゃ~、そうですよね。
いくら工業生産のリモージュでも、絵が消えたりはしないでしょう。(笑)

c0186684_2203141.jpg
めんどり、レオン母さん

ルセットが書いてあります。
今度作ってみよう~。(かな)
最初に、羽をむしって内蔵の処理して、解体する、とあります。(汗)








c0186684_861911.jpgc0186684_863761.jpg


後日追加:

活躍中のめんどりさん









Puces du Canal   蚤の市のサイト

バスの停留所 Le Roulet

c0186684_22114650.jpg

帰りのバス停は小さいです。(到着した時の向かい側)

c0186684_22121944.jpg
















ちなみに、到着バス停

バスが着く前に見えるので、わかりやすいですが、バス停に着いたら道路を渡って少し引き返して、
ロータリーの様になったところを右に折れてトンネルをくぐります。
左手に敷地が見えます。


人気ブログランキングへ  記事が面白かったら、クリックお願いします~☆
[PR]
by lyonnaise | 2009-04-19 14:31 | リヨンのお店 | Comments(0)