メトロ代わりにソーヌ川



日中の気温差が10度ぐらいあるリヨン。
朝はタンクトップに半袖カーディガン、午後はカーディガン脱いで1枚。
だったのが、朝は長袖が必要になりました。
さらに私はスカーフ。
鶴のような首なので(バシッ!)キリンの首なので(ブツブツ。。)、風邪を引かないために。


さて、朝から半袖でもよかった頃の話。

大きな船から小さな船までいろいろ行きかうリヨンですが
一番小さいのは、メトロの代わり、
コンフリュアンス地区とベルクール、サンポール地区を結ぶ定期船。

ソーヌ川の歩道橋のたもとで
c0186684_4375825.jpg


旗を目印に待っていると
c0186684_4383449.jpg


やってくる。
c0186684_439879.jpg


このおねーさんが接岸も。
c0186684_440178.jpg

かっこいいなぁ。
チケットはその場で購入。1,50ユーロ。
※帰りは、コンフリュアンスのショッピングセンターで作れる会員カードを持っていて買い物レシートがあれば無料。

c0186684_4403588.jpg

船長さん(っていうのかな?)は後ろを見ながらバック。

河岸の風景を楽しみながら
c0186684_4411114.jpg


しばらく乗って、ソーヌ川さようなら~
c0186684_442253.jpg


ショッピングセンター着
c0186684_4422938.jpg

グランリヨンの船も泊まっています。

HIKARI
c0186684_4431133.jpg

この再開発地区は、日本の技術(NEDO,東芝)でスマートコミュニティの実現化に向けて進めていて、
HIKARIというプロジェクト(エネルギー自給のビル建築)が日本人建築家の隈氏により着工しました。


日本語が使われていてうれしい。(フランス語で発音するとイカリになっちゃうけど。。)



気仙沼ミサンガ応援してます。

福島原発行動隊応援してます。


人気ブログランキングへ
応援クリック、ありがとうございます。
[PR]
by lyonnaise | 2013-08-25 21:35 | 街や建物など | Comments(2)
Commented by あき at 2013-08-26 08:30 x
この小さな定期船に乗って、サンポール地区方面に行けば、vaise の街、吊り橋の下も通りますね?骨董商のSさんのアパルトマンの近くです。
ベルビルまでは行きませんよね?
帰りは、ショピングセンターで買い物、船に乗れば、一日楽しめそうですね。
Commented by lyonnaise at 2013-08-27 06:55
あきさん
この船はサンポール駅どまりなんです。
旧市街にはメトロが通ってないので、その代わりなのでしょうか。
サンポールからコンフリュアンスまで30分かかりますが、なかなかいいですよね。
<< ガダーニュカフェでひと休み どんより土曜日 >>